FC東京、15年に所属のFWラサッドが緊急搬送と報告...心室細動で意識失う

FC東京、15年に所属のFWラサッドが緊急搬送と報告...心室細動で意識失う

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/04/16
No image

2015年にFC東京でプレーしたラサッド [写真]=Getty Images

FC東京は16日、2015年に同クラブに所属していた元チュニジア代表FWラサッドが、今月14日の練習中に心室細動により意識を失い、病院に搬送されたことを公式HPにて報告した。

ラサッドは現在32歳で、スペイン3部のトレドに所属している。FC東京によれば同選手は「現在集中治療室で、原因を調べるための様々な検査やそれに伴う治療を」受けているという。FC東京は公式HPに「一日も早いご回復を心よりお祈りしております」と記している。

ラサッドはFC東京では2015年5月から約2カ月に渡ってプレーし、公式戦4試合に出場した。

No image

このたび、以前FC東京に所属していたラサッド選手が、4/14(土)の練習中に心室細動により意識を失い、病院に搬送されました。

現在集中治療室で、原因を調べるための様々な検査やそれに伴う治療を行っています。
一日も早いご回復を心よりお祈りしております。 #fctokyo #tokyo
— FC東京【公式】🔜4/18(H)横浜FM戦 (@fctokyoofficial)
April 16, 2018
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ベンゲル監督、退任の一因は「ファンの分裂を見たくない」
バルサ優勝にメッシ夫婦は歓喜のセルフィ― 、SNSに公開
バルサ 103年ぶり大勝で国王杯4連覇!イニエスタ最後の決勝?涙浮かべ交代
長友佑都は「かなりの負けず嫌い」 妻との真剣勝負に勝利し「ドヤ顔」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加