最新ランキングをチェックしよう
FC東京、15年に所属のFWラサッドが緊急搬送と報告...心室細動で意識失う

FC東京、15年に所属のFWラサッドが緊急搬送と報告...心室細動で意識失う

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/04/16

FC東京は16日、2015年に同クラブに所属していた元チュニジア代表FWラサッドが、今月14日の練習中に心室細動により意識を失い、病院に搬送されたことを公式HPにて報告した。
 ラサッドは現在32歳で、スペイン3部のトレドに所属している。FC東京によれば同選手は「現在集中治療室で、原因を調べるための様々な検査やそれに伴う治療を」受けているという。FC東京は公式HPに「一日も早いご回復を心よりお祈り

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
死人が出るぞ!猛暑の東京オリンピック・・・早朝スタートでも危ない灼熱マラソン
暴露されたメッシの決別宣言...アルゼンチン崩壊の決め手となった“緊急会談”とは
崩落のチェルシー、アブラモ政権終焉近し!?
柴崎岳より評価が高い“あの男” W杯日本代表の最新市場価格は?
長谷部 ベルギー戦で「腰折れてた」...石橋貴明が明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加