ドコモ、月々サポートを終了して新たに新料金プラン発表か

ドコモ、月々サポートを終了して新たに新料金プラン発表か

  • iPhone Mania
  • 更新日:2019/03/21
No image

NTTドコモ(以下ドコモ)が「月々サポート」に代表される一部割引プランを終了し、料金体系を見直す方針を固めていることが分かりました。

お馴染みの「月々サポート」終了

NHKの報道によると、ドコモが終了する予定の割引プランは「docomo with」と「月々サポート」の2つです。このうち、購入する端末に応じて最大24カ月間(=2年間)の通信料金割引が受けられる月々サポートについては、“実質的な端末料金の割引”として長年機能してきたという経緯があります。

関係者がNHKに語った内容によれば、早ければ4月にも通信料金だけを2~4割程度引き下げる新しい料金プランを発表し、端末料金と通信料金との明確な分離を目指していくとのことです。

なお、執筆時点(3月20日15時現在)でドコモからの公式発表はなされていません。

プラン終了の背後には総務省か

今回のドコモによる料金プラン見直しは、言わずもがな総務省の意向を反映した動きだと考えられます。

かねてより同省は、通信料金の引き下げを国内大手キャリアに要請するとともに、利用料金の明確化や、消費者を囲い込む“縛り”について厳しい指導を行ってきました。

特に18年11月には、有識者会議で「4年間の分割払い契約を結ぶことで端末代金を割引する“4年縛り”を実質的に禁止する」法改正案が検討され、それを見越す形でauソフトバンクが9月に“4年縛り”を緩和するという動きも見られました。

こうした背景を考えれば、ドコモの月々サポートに相当する、auの「毎月割」やソフトバンクの「月月割」についても、同様の見直しが行われる可能性もあります。

Source:NHK
(kihachi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
JALを超える厳しい安全基準で運航する、LCC ジェットスター「マニラ フライト」
岩崎家が激怒して残った「三菱銀行」のブランドと、財閥名にこだわらない三井の違い
ドコモが超音波振動で空中を移動する「羽根のないドローン」を開発
新旧ライトウェイトスポーツカーが世代を超えて競演...オートモビルカウンシル2019
シスコが宇宙関連ビジネス発掘の新拠点、東京・日本橋に開設
  • このエントリーをはてなブックマークに追加