凱旋フル出場のFWフッキ「風邪で3日間熱があった」と上海上港監督が明かす

凱旋フル出場のFWフッキ「風邪で3日間熱があった」と上海上港監督が明かす

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/02/14
No image

[2.13 ACLグループリーグ第1節 川崎F0-1上海上港 等々力]

攻守がかみ合った上海上港は1-0で川崎Fを下し、ACL白星発進。試合後、会見に出席したポルトガル人監督のヴィクトール・ペレイラ氏は「私が予想した通りのゲームができた」と満足げに振り返った。

「川崎はボールを保持するテクニカルなチーム。それに対して我々がコンパクトに、得点のチャンスをつくりながら川崎のディフェンスを崩すことができた。カウンターを意識しながら少ないチャンスを生かせた。この結果にとても満足している」

また、川崎Fに在籍した元ブラジル代表FWフッキは2008年以来、約10年ぶりの等々力凱旋となった。DF登里享平との激しいマッチアップで沸かせ、キャプテンマークを巻いてフル出場したが、ペレイラ監督は「彼は風邪を引いていて直近3日間熱があった」と明かし、「その中でもチームを優先してチームのために何ができるか、自分がどんな状況でもチームのために尽くしてくれた。キャプテンの器」と信頼を寄せた。

ビッグセーブでチームを救い、完封勝利に貢献したGKイエン・ジュンリンも会見に出席。「今日のパフォーマンスは今まで積み上げてきたハードなトレーニングの結果」と活躍に胸を張ると、「選手同士でコミュニケーションをとって、守るべきところでは全員が連携しながらしっかり守備ができたことが結果につながった」と、最後まで川崎Fの猛攻を跳ね返した堅守に自信をにじませた。

(取材・文 佐藤亜希子)●ACL2018特設ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
銅メダルのカー娘。を同郷の沢田亜矢子が祝福「金の価値と同じくらいだねー」
「おれたちのチームにマリオがいる」 平昌五輪の米カーリングチームに「マリオ」そっくりな選手がいると話題に
銀でも土下座のキム・ボルム 「申し訳ないという言葉しか」とコメント...韓国メディア
カーリング女子「そだねー」が流行語大賞に?女性ネットユーザー「イライラする」声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加