中国の水道水から発がん性物質、市民に不安の声―中国メディア

中国の水道水から発がん性物質、市民に不安の声―中国メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2016/10/20
No image

18日、北青網は、中国の複数都市の水道水から発がん性物質のニトロソアミンが検出された問題で、「何をもって安全をいえるのか」と題する記事を掲載した。資料写真。

2016年10月18日、北青網は、中国の複数都市の水道水から発がん性物質のニトロソアミンが検出された問題で、「何をもって安全をいえるのか」と題する記事を掲載した。

中国北京市の清華大学環境学院の研究チームがこのほど発表した研究報告書によると、中国の複数の都市で水道水から発がん性物質のニトロソアミンが検出された。報告書は「がんの原因となる」との表現が人々の不安をあおっている。同学院の飲用水安全研究所の前所長、劉文君(リウ・ウェンジュン)氏は「研究にこそ価値があり、煽りに意味はない。一部の媒体が誤ったとらえ方をしているが、一言でいえば心配する必要はない」と表明している。

一方、検出されたニトロソアミンの濃度は世界保健機関(WHO)の基準値を下回っている。中国には水道水に含まれるニトロソアミンの濃度基準があるが、先進国ではない国も多い。あまり過剰に反応する必要はないだろう。

しかし、専門家による「心配はない」の一言だけで市民の不安はぬぐえない。科学的に納得のいく研究結果を提示すべきであろう。(翻訳・編集/大宮)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国外で「私は日本人だ」と偽る中国人留学生たち、「何たる悲哀」=中国
女子大生1000人以上のヌード流出で大騒動
日本にとって核兵器の製造は「手の平を返すほど簡単」=中国報道
「韓国のトイレは世界一!」=TV番組で韓国人出演者が“スゴい機能”を誇らしげに紹介、中国ネット「それって日本のじゃない?」
部屋の内装に対する、日本と中国の考え方の違い そして技術の「差」=中国メディア

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加