トランプ夫人「周囲から煽られた」 夫の発言擁護

  • WSJ日本版
  • 更新日:2016/10/18
No image
No image

米大統領選共和党候補のドナルド・トランプ氏の妻であるメラニア夫人がCNNのインタビューで、トランプ氏による女性蔑視発言は周囲に「煽られて」発した言葉であったとして夫を擁護した。

問題となっている2005年の発言について、メラニアさんは「夫には不適切な言葉だと話したし、受け入れられるものではないと伝えた」とコメント。「私が知っている夫の言葉とは思えなかったので驚いた」と明かした上で、「男性同士のおしゃべりだ」とも指摘した。

またメラニアさんはメディアの「とても不誠実な」対応を批判し、投票日も近づく第2回大統領討論会の直前に発言が流出したことにも言及。メディアが米国の有権者たちに「誤った影響を与えようとしている」とした。

7日にトランプ氏の問題発言が表面化して以降、メラニアさんがテレビのインタビューを受けるのは今回が初めて。流失した録音テープには、トランプ氏が既婚者の女性と性的関係を持とうとしたことや、自らの地位を利用して女性に言い寄ったことなどを下品な言葉で話す音声が記録されていた。その後トランプ氏は問題発言について謝罪をし、それらが「ロッカールームでの軽口」だったとして自らの真意ではないとした。

メラニアさんはCNNに対し、問題の発言のシーンでは「テープから見てとれるように、(発言時に)カメラは回っていなかった」と指摘。トランプ氏は「マイクのみを身につけていたが、それすら分かっていなかったかもしれない」とした。また会話をしている相手にあおられる形で下品な言葉を使ったのだろうと自身の考えを述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
SMAP、最後の歌収録 中居正広は嗚咽を漏らした
週刊文春が「ゲス不倫」スクープ 田中萌アナが番組に出演せず
経験して分かった...お店の通路の真ん中で「ベビーカー」を引く理由を伝えたツイートに共感の声多数
「NHKニュース7」で起きたシュールな放送事故が話題にwwwww
藤田ニコル、無断撮影された後の“神対応”が「有能政治家みたい」と大絶賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加