遠回りを嫌って自動車の通行できない踏切へ進入、列車と衝突

遠回りを嫌って自動車の通行できない踏切へ進入、列車と衝突

  • レスポンス
  • 更新日:2017/09/15

13日午前9時50分ごろ、福島県郡山市内にあるJR磐越西線の踏切で、クルマの通行が禁止された踏切へ進入してきた軽トラックと、通過中の普通列車が衝突する事故が起きた。クルマの運転者を含めて人的被害は無かったという。

福島県警・郡山北署によると、現場は郡山市喜久田町付近(郡山富田~喜久田駅間)にある踏切。警報機や遮断機は設置されておらず、自動車の通行は禁止されている。軽トラックは踏切を渡ろうと進入した直後、通過した下り普通列車(郡山発/会津若松行き、4両編成)と衝突した。

この事故で軽トラックは中破したが、運転していた72歳の男性にケガはなく、列車の乗客乗員約100人も無事だった。

事故の起きた踏切は幅員が狭く、トラクターやバイク以外の車両通行が禁止されていた。聴取に対してクルマの運転者は「遠回りするのが面倒でよく使っていた」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
深夜に男が住宅に...親子4人“なた”で切り付ける
ゲーム中「ご飯だよ」に激高 息子が父親刺し死亡
AV出演50回以上の消防士 同僚がサンプル見て発覚
「急に軽く...」2人乗り自転車から落ちた女性重体に
ガラスの壁を破り...「イオンモール」に車が突っ込む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加