JR信越本線、大雪で立ち往生 430人が12時間以上閉じ込め

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/01/12

2018年1月11日19時頃、JR信越本線の電車が大雪の影響で新潟県三条市の踏切付近で動けなくなった。翌12日の10時半前に除雪作業が終わって移動を開始するまで、乗客約430人が社内に閉じ込められた状態になった。

JR東日本によると、14時現在、信越本線では一部運休が出ており、新津~長岡駅間では除雪作業で運転を見合わせている。

上空の強い寒気や冬型の気圧配置の影響から、11日午後ごろから新潟県など日本海側の地域では大雪に見舞われていた。気象庁では、上越地方では12日夕方まで大雪に警戒するよう呼びかけている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広瀬すずの兄が酒気帯び運転容疑で逮捕 報道の「姉妹格差」に心配の声も
小児歯科医院で虫歯治療後、2歳女児死亡
「はれのひ」社長の信じられない “教え”
後で困るのはあなた。年金を未納ではなく免除にした方が良い理由
【絶望】冬将軍さん、来たる “約束の日” に向けてパワーをチャージしていることが発覚 / 来週からが本当の地獄だ......!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加