スリープロG Research Memo(2):主力はBPO事業。M&Aを積極活用して成長を続ける企業グループ

スリープロG Research Memo(2):主力はBPO事業。M&Aを積極活用して成長を続ける企業グループ

  • FISCO
  • 更新日:2017/08/10
No image

株式会社フィスコ

■会社概要

1. 会社概要と沿革
スリープログループ<2375>は、IT関連の機器サポートとコンタクトセンターが主力のBPO(Business Process Outsourcing)事業会社である。設立は1977年。90年代後半のYahoo!BB設置事業で急成長し、2003年に東証マザーズ市場に株式公開した。その後は、IT関連商品・サービスの販売支援事業やコールセンター事業、システム開発事業、教育支援事業などをM&Aにより取得し、IT関連サービスを総合的に行う企業グループとなった。2011年に経営体制を一新し、BPO事業に特化して経営体質の強化に取り組んだ。2015年3月には東証2部へ市場変更、その後攻めに転じ、2015年8月にWELLCOM IS(株)(コンタクトセンター事業)、2015年11月には(株)アセットデザイン(ビジネス成長支援事業)、2016年2月には(株)JBMクリエイト(コンタクトセンター)の株式取得・完全子会社化を行い、事業規模を拡大している。

2. 事業構成
同社はBPO事業とコワーキングスペース事業を行っているが、BPO事業は4つのサービスに分けることができる。

●BPO事業
(1) フィールドサポート事業
フィールドサポート事業は創業当時からの事業である。全国に広がる125,000人の登録スタッフによりITに特化したフィールドサポートや運用保守が行われるが、PC向けのサポートはWindows10への入替需要が一巡し苦戦が続く。全社売上の約27%(2017年10月期第2四半期)を占める。

(2) コンタクトセンター事業
コールセンターコンサルティングサービス、コールセンター委託サービス、テレホンオペレーター派遣などを行う。スリープロ(株)、WELLCOM IS、JBMクリエイトの3社で行われており、特にIT周辺のヘルプデスクに定評がある。全社売上の約39%(同)を占める同社最大のセグメントである。

(3) テクノロジー事業
子会社のスリープロウィズテック(株)及び2016年9月に子会社化したヒューマンウェアにて展開するシステム開発、エンジニアリング開発の受託、人材支援サービスである。全社売上の約11%(同)とM&A効果で構成比を高めた。

(4) マーケティングコミュニケーション事業
通信キャリアサービスの新規顧客開拓、消費者への製品説明、実演・イベントなどの販売応援などを手掛ける。近年、販促用の人型ロボットの導入やメンテナンスなどが伸びている。全社売上の約11%(同)である。

以上の4サービスの顧客は主に大手の法人であり、メーカーや通信会社、小売業などが主である。

● コワーキングスペース事業
アセットデザインにおいて、個人や小規模事業者向けに、レンタルオフィスやコワーキングスペースを手掛ける。全社売上の約11%(同)と前年同期から1ポイント構成比を高めており、成長軌道に乗っている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

<MW>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高騰し続ける仮想通貨Bitcoinを掘る世界最大のマイニング工場に潜入、2万5000台のマシンを酷使する採掘現場の恐るべき実態に迫る
【激安輸入中古車のススメ】第1回 筆者が10万円で買った初代シトロエン C5(前編)
成都モーターショーが8月下旬開催、100以上のブランドが出展―中国
Amazonセール速報:今日限定! ネットギアのモバイルルーターがお買い得!
元「美空ひばり館」運営元が破産 借入金返済できず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加