最新ランキングをチェックしよう
ボイジャー1号、37年ぶりにエンジン作動

ボイジャー1号、37年ぶりにエンジン作動

  • ITmedia NEWS
  • 更新日:2017/12/05

米航空宇宙局(NASA)は地球から約130億マイル(210億キロ)先を飛行中の無人探査機でエンジンテストを実施した。
 NASAの地上管制官は11月末、現在地球から最も遠く離れたところを飛行中の無人探査機「ボイジャー1号」に対し、軌道修正用の4基のバックアップエンジンを噴射させる指令を送信した。ボイジャー1号が土星に最接近して以降、これまで37年間使われずにきたエンジンだ。
 喜ばしいことに、長ら

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「カーリングのストーンはなぜ曲がるのか?」という何百年も続いた謎を研究者らが解明
NASAも認めた、社員たった100人のグローバル企業...米国シェア5割の商品も
94%の精度!解読が難解と言われる「津軽弁」をAIを使って文字化に成功
【世界初】ヒツジとヒトのハイブリッド胚が誕生! “羊人間”から人間への「異種間臓器移植」が現実化へ
JAXAと資生堂、ISSを模した閉鎖環境でストレスに関する共同研究を実施
  • このエントリーをはてなブックマークに追加