マネがクロップ監督への“愛”を語る...過去にはドルトムント移籍志願も

マネがクロップ監督への“愛”を語る...過去にはドルトムント移籍志願も

  • サッカーキング
  • 更新日:2019/06/12
No image

リヴァウールでの初タイトルを獲得したユルゲン・クロップ監督とサディオ・マネ[写真]= Getty Images

リヴァプールのセネガル代表FWサディオ・マネは兼ねてから、現在同クラブを率いるユルゲン・クロップ監督のもとでプレーすることを望んでいたという。イギリス紙『ミラー』が8日に伝えている。

2014-15シーズンにオーストリアのザルツブルクに在籍していたマネはクロップ監督が指揮していたドルトムントへの移籍を希望していたという。同時にクロップ監督もマネの獲得を希望していたとのことで、当時から両者は相思相愛の関係だったようだ。

念願が叶い、現在はクロップ監督のもとでプレーするマネは、「彼は僕たち選手を愛している。とても選手思いな人だ。それに選手たちに戦う気持ちを芽生えさせてくれる。僕は彼の為ならピッチで自分の全てを捧げるつもりさ」と、指揮官に絶大な信頼を寄せている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ネイマール バルセロナ移籍に基本合意も待遇は大幅ダウン
四千頭身、宮下草薙らがABCお笑いグランプリ決勝進出
【MLB】17人退場、禁固30日間...11年前の大乱闘を米メディア回顧「史上最もクレイジー」
久保建英の決定機演出数がすごい...サンチェス、ハメス、アグエロを抜き、暫定で大会最多を記録
「久保のシュートは最後のスリル」イタリア紙が見たエクアドル戦、日本の”残念”なポイントとは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加