「円満夫婦」の8割が経験済み!仲良しカップルが実践してるあのコト

「円満夫婦」の8割が経験済み!仲良しカップルが実践してるあのコト

  • BizLady
  • 更新日:2016/11/30
No image

晩婚化や結婚率の低さが、社会的問題になっている今日この頃。

結婚=幸せ、という図式が崩れつつあり、結婚率が減っている……という説もあります。

けれども、幸せで、円満に見える夫婦も多いですよね。そんな夫婦には、何か秘訣があるのかもしれません。

今回は、明治安田生命が実施したアンケートをもとに、現実をひも解いていきます。

結婚している人も、これから結婚を考えている人も、これからの参考になるはず。

■大安吉日はもう古い? 人気の入籍日は?

お互いが、同じ籍に入る、いわゆる“入籍日”。“結婚記念日”ともなるこの日は、夫婦にとって大切な日になりますよね。

みなさん、こだわりがあるようで、人気の入籍日を見ていくと、1位は10月10日。同じくゾロ目で、七夕でもある7月7日が2位。3位は、語呂合わせの11月22日、いい夫婦の日でした。

20代、30代は、「ふたりの記念日に合わせて」が上位で、年代が上になると多い「結婚式の日に合わせて」は少ないということがわかりました。

今や、結婚式、入籍日を、“記念日”とするのではなく、結婚前からある記念日に合わせる。という傾向にあるようです。

■プロポーズは必須ではない!?

結婚の決定打となる“プロポーズ”。

プロポーズを経て結婚……というのが定番かと思いきや、「プロポーズはあった」と答えている割合は、男性「66.7%」に対し、女性は「59.8%」でした。

男性はプロポーズをしたと思い込み、女性は気づかず「されていない」と感じている……なんてこともありそうですね。

年代別では、20代では「プロポーズあり」が7割を超えていますが、年代が上がるにつれて下がっていき、70代では51.3%と、半数を上回る程度でした。

■円満度が高い夫婦は“プロポーズ”をしている率が高い!

「夫婦が円満」と答えたのは、全体の「76.3%」と、高い割合を占めています。

そんな夫婦に、「プロポーズはあった?」と聞いてみたところ、80.8%が「あった」、68.7%が「なかった」と、12ポイントもの開きが。

幸せで円満な結婚生活を送るためには、結婚前の“プロポーズ”が重要なようです。

「まだされていない」と感じている女性は、記念日や入籍日に、旦那さまに確認してみるといいかも?

「したと思っていたのに、自分はわかっていなかった」なんて場合は、もう一度プロポーズし直してもらってもいいかもしれませんね。

自分からの逆プロポーズなんていうのも、思い出に残るかもしれませんよ。

■夫婦円満のために必要なのは?

円満な夫婦生活を送るために、必要なことはなんなのでしょうか。

1位は「よく会話をする」67.4%。愛情を感じている夫婦の平均会話時間は、111分。愛情を感じていない夫婦が39分なので、なんと約2.9倍にもなるんです。

2位は「感謝の気持ちを忘れない」54.7%。3 位は「相手を尊重・信頼する」。慌ただしい毎日の中でも、夫婦が時間をとり、コミュニケーションの時間を作っていくことが必要なんですね。

愛情を育んでいくことで、感謝の気持ちや、相手を尊重、信頼する気持ちが、強くなり、円満な夫婦関係を続けていくことができるのかもしれません。

以上、仲良しカップルが実践してるあのコトについてでしたが、いかがでしょうか?

プロポーズをした夫婦ほど円満度が高いというのは、“コミュニケーション”の重要性を感じさせますね。

いい夫婦を目指して、パートナーとの会話を大切にしていきましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
仕方ねぇだろっ......! 男性が不倫をする究極の理由・6つ
男友達に「付き合ってください!」とすぐ言われちゃう女のNG3つ
もう可愛すぎてイクッ!男性が胸キュンするセックス中の“ウブな反応”5選
「もう別れようかなぁ...」彼との関係が崩れ始めるときの5つのサイン
「ダメだ、好きになっちゃう...」男性を魅了する“魔性の女”の特徴5つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加