日本航空石川9回2死から土壇場逆転 “グルー”上田がV打

日本航空石川9回2死から土壇場逆転 “グルー”上田がV打

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

◇第99回全国高校野球選手権大会1回戦 日本航空石川6―5木更津総合(2017年8月10日 甲子園)

No image

右前へ勝ち越しの適時打を放った日本航空石川・上田は雄叫びをあげる

テークオフ。日本航空石川が上昇気流に乗ったのは、土壇場だった。3点を追う9回2死一、三塁から安保が右前適時打。さらに三枡が一塁内野安打で続き、満塁の絶好機だ。

「緊張せず楽しんで(打席に)入れた」。そう振り返った3番・原田が右前への2点打で同点。とどめを刺したのは2年生の4番・上田だった。「怖さはあったが、自分で決める気持ちだった」と左前に運んで勝ち越し。大会屈指の左腕、木更津総合の山下から4連打で逆転に成功した。

山下対策が実を結んだ。最速149キロを誇る左腕に対し、打撃マシンを150キロに設定。打撃投手も通常より2メートル前から投げさせ、打ち込んだ。さらに、中村隆監督は7回からベース寄りに立つように指示。内角を投げづらくさせ、外角球に狙いを定めた。それまで無安打だった上田もラインぎりぎりに立ち「狙っていた」という外角のスライダーを逆方向にはじき返した。

「明るくみんなお調子者。乗ったときは集中打を打ってくれる」と指揮官。石川大会準決勝でも昨夏決勝で敗れた星稜に最大5点差を逆転勝ちした。14年の小松大谷との決勝で9回に8点差を逆転した「ミラクル星稜」を相手にだ。その試合でサヨナラ打を放った上田がまたも決勝打だ。

1メートル85、97キロの恵まれた体格。愛称は公開中の映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」に出てくるグルーだ。初出場だった09年は1勝止まりで「まずは8年前の先輩を超えたい」。クルーならぬ、グルーは頼もしかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
神村学園驚異の粘り 2年生・金城「借りは返しに来る」
“阿部2世”巨人・宇佐見「最高でーす!」プロ1号がサヨナラ
阪神・大山、トドメ3ラン含む5打点!金本監督「自信つけていい」
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加