最新ランキングをチェックしよう
議会にCCCの営業マン? 各地で炎上する“ツタヤ図書館”...和歌山市でも補助金注ぎ込み中身カラッポ!?

議会にCCCの営業マン? 各地で炎上する“ツタヤ図書館”...和歌山市でも補助金注ぎ込み中身カラッポ!?

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2018/01/18

海老名市・ツタヤ図書館の内観。緑で囲った書架の部分はすべてボール紙でできた中身が空洞の“ダミー本”。同図書館が「中身空っぽの箱モノ行政」と批判される象徴でもある(撮影/海老名市民・南室勝巳)

お洒落なカフェで雑誌や本読みながら、ゆったり寛げて「サイコー!」と喜ぶ若者も多い 通称“ツタヤ図書館”。だが反面、社会教育機関としての図書館を重視する良識派の市民にとっては「機能を破壊する悪の帝国」となって

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
凍結した路面を歩く北海道民の歩き方が「とても参考になる」と話題に!【ライフハック】
彼がこれを言ったら「本命」の証! 聞き逃し厳禁な“本気ワード”13選
【Amazon サイバーマンデー】タイムセールで80%以上オフも! 500円のサンワダイレクト「折りたたみ式簡易宅配ボックス」や撥水加工・USBポート付きの2wayビジネスバッグがお買い得に
殺人犯から母親を守り瀕死状態に陥った16歳息子、19か月後に死去(露)
いま、首都圏で激増中の「博多料理」居酒屋が大繁盛している理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加