最新ランキングをチェックしよう
議会にCCCの営業マン? 各地で炎上する“ツタヤ図書館”...和歌山市でも補助金注ぎ込み中身カラッポ!?

議会にCCCの営業マン? 各地で炎上する“ツタヤ図書館”...和歌山市でも補助金注ぎ込み中身カラッポ!?

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2018/01/18

海老名市・ツタヤ図書館の内観。緑で囲った書架の部分はすべてボール紙でできた中身が空洞の“ダミー本”。同図書館が「中身空っぽの箱モノ行政」と批判される象徴でもある(撮影/海老名市民・南室勝巳)

お洒落なカフェで雑誌や本読みながら、ゆったり寛げて「サイコー!」と喜ぶ若者も多い 通称“ツタヤ図書館”。だが反面、社会教育機関としての図書館を重視する良識派の市民にとっては「機能を破壊する悪の帝国」となって

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
売上高4割増、好調「串カツ田中」が抱える全席禁煙化で失速の試練
JR東労組で組合員の大量脱退、現代の労働組合の意義とは
同窓会で会う人たちが「昔と変わらない」理由
戦う相手が強すぎて衰退した東京チカラめし
ライザップ、利益の「実態」...赤字企業買い漁りで膨らむリスク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加