Google Earthで世界の都市が32年かけて変化していく様子が一目瞭然に

Google Earthで世界の都市が32年かけて変化していく様子が一目瞭然に

  • GIGAZINE
  • 更新日:2016/11/30
No image

バーチャル地球儀でさまざまな場所の衛星写真や地図、地形などを閲覧できる「Google Earth」が、2013年に公開したタイムラプス機能をアップデートしました。タイムラプス機能では、異なるタイミングで撮影された写真をつなげることにより特定の場所の時代の変化をビジュアルで体感できるのですが、今回のアップデートにより500万枚以上の衛星画像が追加され、1984年~2016年まで32年間の変化を閲覧できるようになります。

Our most detailed view of Earth across space and time

https://blog.google/products/earth/our-most-detailed-view-earth-across-space-and-time/

Timelapse Google Earth Engine

https://earthengine.google.com/timelapse/

2013年に公開されたGoogle Earthのタイムラプス機能は、1984年~2013年における特定の地点の衛星写真を組み合わせたタイムラプス映像を閲覧できるというものでしたが、今回のアップデートによりさらに500万枚以上の衛星写真が追加され、タイムラプスの期間を伸ばし1984年から2016年という32年におよぶタイムラプス映像を閲覧できるようになっています。

今回追加されたタイムラプス映像はデスクトップ版「Google Earth」から確認できるほか、同サービスの公式ブログからも閲覧可能になっています。

また、今回追加されたタイムラプスはYouTubeでも公開されています。以下のムービーはチリ北部にあるチュキカマタ鉱山のタイムラプス。チュキカマタ鉱山が1984年~2016年まででどのように変化したのかがよくわかる内容です。

Google Timelapse: Chuquicamata Mine, Chile - YouTube

追加された地域のタイムラプスはEarth Outreachというチャンネルで公開中。再生リストも作成されており、全部で193本のタイムラプスを閲覧できます。

TimeLapse locations

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レジの行列から開放!「Amazon Go」が2017年に登場へ
日本のAmazonで2016年に一番売れたモノ各カテゴリー別全まとめリスト
USBポートに挿すだけでガジェットを完全に破壊する恐怖の「USB Killer」をiPhone・MacBook・Pixel・GoProなどで一斉に使うとこうなる
天才ハッカーが市販車を「自動運転カー」に変える改造キットの制御ソフトをオープンソース化、誰でもダウンロード可能に
Googleお役立ちテクニック - Gmailをサクッと処理するショートカットキー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加