最新ランキングをチェックしよう
柔道部の「巨漢先輩」から壮絶いじめ...母が奮闘し、弁護士立てない「本人訴訟」で勝訴

柔道部の「巨漢先輩」から壮絶いじめ...母が奮闘し、弁護士立てない「本人訴訟」で勝訴

  • 弁護士ドットコム
  • 更新日:2020/03/21

いじめ受けた男性の母親(ライター・渋井哲也撮影)学校いじめの被害者側が、弁護士を立てずに、加害者を訴えて勝訴するという裁判がこのほどあった。かれこれ20年以上、いじめの取材をつづけているが、こうした「本人訴訟」はめずらしい。被害にあった男性は、いまだに精神的なダメージを引きずっているため、裁判で奮闘した母親が取材に応じた(ライター・渋井哲也)。
【おすすめ記事:会社の食堂で「ノンアルコールビール」

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
外国人2人が女性に無理やりわいせつ行為や窃盗か
女子学生のレイプ騒動、男を宿舎に連れ込んだ女性自衛官......防衛医大の“乱倫報告書”入手
誕生日パーティーでクラスター発生
吉村知事「東京アラート」に危機感 大阪新規感染者3日連続ゼロ
河野防衛大臣、ブルーインパルス飛行費用は「約360万円」批判メールに詳細説明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加