「黒の召喚士」天羽銀がマンガ化、戦闘狂の転生者描く痛快バトルファンタジー

「黒の召喚士」天羽銀がマンガ化、戦闘狂の転生者描く痛快バトルファンタジー

  • ナタリー
  • 更新日:2018/01/11

迷井豆腐原作による天羽銀の新連載「黒の召喚士」が、Webマンガサイトのコミックガルドでスタートした。投稿サイト「小説家になろう」発の小説を原作としたコミカライズ作品だ。

No image

「黒の召喚士」キービジュアル

すべての写真を見る(全3枚)

「黒の召喚士」は、重度のバトルジャンキーである転生者・ケルヴィンを主役としたファンタジー。物語は、スキルポイントと引き換えに前世の記憶を失ったケルヴィンが何もわからぬまま異世界で目覚めるところから始まる。契約することで配下を増やせる召喚士の主人公が、次々と強敵を下しながら仲間を増やし、英雄へと成り上がっていく様を痛快に描いていく。

なおコミックガルドでは「黒の召喚士」を第1弾として、3カ月連続の新連載攻勢を展開。2月には白米良原作による神地あたる「ありふれた職業で世界最強 零」、3月には月夜涙原作による吉川英朗「魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~」が開始する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【4コマ】もも派? むね派?
ロケットニュース24
2018年1月22日:本日発売のコミック新刊
「紀伊國屋じんぶん大賞2018」座談会開催!本と雑誌のまとめ買いでポイント5倍キャンペーンも実施中
異例の反響を呼んだPDFファイルがマンガで登場! 経産省の若手官僚チームがつきつける日本の現状とは?
『イナズマイレブン アレスの天秤』小学館3媒体で3種の物語を並行連載
  • このエントリーをはてなブックマークに追加