生鮮食品宅配「IYフレッシュ」、セブンとアスクルが開始 11月末から

生鮮食品宅配「IYフレッシュ」、セブンとアスクルが開始 11月末から

  • ITmedia NEWS
  • 更新日:2017/10/13
No image

セブン&アイ・ホールディングスとアスクルは10月12日、生鮮食品などの宅配サービス「IYフレッシュ」を11月28日に始めると発表した。対象エリアは、東京都新宿区と文京区。

「IYフレッシュ」イメージ

生鮮食品やレトルト、総菜など、セブン&アイが提供する商品(約5000点)をWebサイトから注文でき、最短で翌日には受け取れる。メインターゲットは都市部で働いたり子育てをしたりしている30〜40代の女性。Webサイトでは、献立を考えるのに役立つ「1分レシピ動画」を公開し、そのレシピの食材をまとめて購入できる機能も用意する。

アスクルの通販サイト「LOHACO」の配送網「Happy On Time」を活用し、午後2時までに注文すれば翌日午前9時以降、午後2時〜11時までの注文なら翌日午後4時以降、1時間単位の時間帯指定ができる。

配送料は350円(税込、以下同)。LOHACOの商品とまとめて注文・決済ができ、注文金額が4500円以上だと配送料が無料になる。利用には「Yahoo! JAPAN ID」が必要。

No image

IYフレッシュのサービス概要

また、両社のECサイトの連携を強化。セブン&アイの「オムニ7」とアスクルの「LOHACO」で、11月16日から相互送客を行う。それぞれのECサイトの商品検索ページ内で、検索結果と連動してもう一方のサイトへと誘導する仕組みを用意。相互の品ぞろえを補完し、購入機会の最大化を目指す。

No image

「オムニ7」と「LOHACO」で相互送客

両社は2017年7月にネット通販事業で業務提携すると発表。ユーザーの利便性、利用満足度の向上を目指し、協業を進めていく考えだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
デザインに凝ったマツダの新型車「CX-8」、一足先に六本木へ降臨(写真199枚)
日産、トミカの販売中止 アクセス殺到でシステム不具合
アベノミクスで庶民の給料が上がらなかったワケ
【日本初】トラック2台分の超大型車両「ダブル連結トラック」が運用開始!人手不足の解決策となるか
【神戸製鋼データ改竄】名門の経営体質、信頼失墜 神鋼・日産、現場と乖離鮮明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加