元町洋館~函館山夜景~金森倉庫 函館人気スポット散策1日プラン

元町洋館~函館山夜景~金森倉庫 函館人気スポット散策1日プラン

  • トラベルjp<たびねす>
  • 更新日:2016/11/30
No image

元町洋館~函館山夜景~金森倉庫 函館人気スポット散策1日プラン

北海道新幹線が開通したことで、北海道旅行がさらに身近なものとなりました。
今回は観光地として有名な函館市の、元町洋館~函館山からの夜景~金森倉庫を1日で巡る観光プランをご紹介いたします。カラッと晴れた爽やかな北海道も魅力的ですが、街が雪に包まれる冬は洋風の街並みをさらに美しく見せる季節でもあります。主要の観光スポットと金森倉庫で行われる、冬のクリスマスイベントをお楽しみください。

■異国情緒あふれる元町で洋館巡り

No image

写真:MISAKI IIDA

1859年の開国とともに、横浜・長崎と並び日本で最初の貿易港となった函館。人や物が行き交う中で、街並みや建築物へ西欧文化が取り入れられ、特に江戸時代より行政の中心地と位置づけられた元町地区には、各国の領事館や近代的な領事館、教会などが建ち並びました。

歴史を感じられる元町は、石畳や洋風の街燈、教会の鐘が響き、まるで外国に訪れたかのような美しい街。市電『末広町駅』より『十字街駅』方面へ散策していくと、重要文化財に指定されている旧函館区公会堂や函館ハリストス正教会を拝観することが出来ます。雪景色の中にひっそりと佇む洋館は、どれも絵になる建物ばかり。写真好きの方はもちろん、観光の記念写真にぴったりです。

元町は函館山の麓に位置しており、八幡坂など名のついた坂が19もあります。元町散策では坂の街・函館、函館湾を一望でき、昼夜問わず美しい坂の風景もお見逃しなく。

■旅のグルメも洋風の味わい『函館カール・レイモン』

No image

写真:MISAKI IIDA

楽しく散策するためには、休憩も不可欠。二十間坂・十三坂の間に位置する、老舗『函館カール・レイモン』では、洋風の街元町で味わいたい、本場ドイツのハム・ソーセージをいただくことができます。大正から昭和にかけて函館で過ごしハム・ソーセージ作りに情熱を燃やしたドイツ人、カール・レイモン氏が起源となり、外はパリッと、中はジューシーなソーセージは味わい深い一品です。

店舗でのお食事の他、ハム・ソーセージ類のお土産も購入できるのが嬉しい点。おいしいソーセージはもちろんですが、カール・レイモンオリジナルのマスタードもオススメです。元町散策途中に、函館カール・レイモンで一息休憩してはいかがでしょうか。

■日本三大夜景・函館山からの眺め

No image

写真:MISAKI IIDA

神戸・長崎と並び、日本三大夜景の一つ函館山。函館観光では外すことのできない定番スポット。連日多くの観光客で賑わっており、ロープウェイ乗り場も混雑しているように感じられますが、大きなゴンドラで移動しますので待ち時間は少なめです。

左右が海に囲まれた地形が創りだす夜景は、眩い光が散りばめられ、その美しさは圧巻です。函館山の夜景には、「ハート」の文字が隠れているというロマンチックな伝説も。ぜひ探してみてください♪

函館山展望台は室内と、外で楽しむことが出来ますが、これからの季節の函館は本当に寒いです。心から夜景を楽しむ為にも、手袋・帽子(または耳あて)・マフラー、そして意外と足元が冷えますので、足元の防寒もしっかりされた方が安心です。

■レンガ造りが美しい「金森赤レンガ倉庫」

No image

写真:MISAKI IIDA

旅の締めくくりは、函館ベイエリアの象徴「金森赤レンガ倉庫」。港面して重厚なレンガ造りの倉庫が5棟建ち並んでいます。ロマンチックにライトアップされた倉庫群を、海風を感じながら散策する時間は格別なものになること間違いなしです。

初代・渡邉熊四郎が“異国の夢を売る店”金森洋物店を開いて130余年。そんな初代が憧れた“西欧の豊かな生活文化”をテーマに夢あふれるバラエティー豊かなショップやお土産店など充実しており、倉庫を活かした広々とした函館ビアホールでの夕食も楽しみたいところです。時間の許す限り、魅力たっぷりの金森赤レンガ倉庫を満喫してください。

■はこだてクリスマスファンタジー

No image

写真:MISAKI IIDA

函館ベイエリアでは、2016年12月1日~12月25日まで『はこだてクリスマスファンタジー』が開催されます。見どころは姉妹都市カナダ・ハリファックスより送られた巨大ツリー。冬のベイエリアをより一層輝かせます。18,000kmもの距離を超え、海の上を渡り送られた大きなツリーは、ハリファックスと函館の永遠の友好をたたえる壮大な願いが込められた贈り物です。
クリスマスムード漂う、美しい風景をお楽しみください。

■おわりに

今回ご紹介したスポットの他、五稜郭、トラピスト修道院、はこだて明治館などたくさんの見どころがあります。
また本格的な冬の期間は、鮭・イクラ・ホタテ・イカ・カニなど旬の味覚をお楽しみいただける季節でもあります。日帰りではなく、函館へ宿泊される場合は朝市やお寿司屋さん、海鮮料理屋さんで新鮮な海の幸をご堪能下さい。

北海道のお土産はどれもおいしいものばかりですが、中でも甘い系では有名は白い恋人、バター飴、しょっぱい系ではじゃがポックルがオススメです。

関連MEMO

函館ハリストス正教会

函館カール・レイモン

函館山ロープウェイ

金森赤レンガ倉庫

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女として見れねぇ......! 「幼児体型な女性」の特徴6つ
【気持ち分かる?】みんなの「小っせーけど、どうしてもイライラしてしまうこと」30連発
他人のお尻を洗った「温水洗浄便座」......衛生面を専門家が解説!
シチズン、20年ぶりに復活したリーズナブルな機械式時計「CLUB LA MER」
仰天!江戸時代の「避妊術」がスゴい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加