“描き人知らず”はレンブラントだった!価値も上昇

“描き人知らず”はレンブラントだった!価値も上昇

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/05/17
No image

動画を見る(元記事へ)

オランダの巨匠・レンブラントの新たな絵画作品が44年ぶりに見つかりました。

「若い紳士の肖像」という作品は1634年ごろに描かれたものでしたが、これまで誰が製作したか分かっていませんでした。オランダの画商は作風などからレンブラントが製作したものだと確信し、2016年のオークションで13万7000ポンド、日本円で約2000万円で落札しました。その後、画商が依頼した専門家らが約1年半かけてX線検査や塗料の分析をした結果、44年ぶりにレンブラントの新作だと鑑定されました。落札した2年前より作品の価値ははるかに高くなっているとみられます。画商は「眠っている作品を呼び起こすことができてうれしい」と話しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松坂桃李『娼年』応援上映、即日完売の大反響「ホラ貝吹きたい」
罪を犯した者に、幸せになる資格はないのか?――“元少年A”と取り巻く人々を描く映画「友罪」ついに公開:今週公開の映画
5月27日の注目映画第1位は『傀儡』
「水着になった40代」の挑戦が胸を打つ 日本のヒットドラマ思い出させる仏映画
5月25日の注目映画第1位は『傀儡』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加