最新ランキングをチェックしよう
「自分のフィルモグラフィーで最も重要な作品」 イエジー・スコリモフスキ「早春」リバイバル公開

「自分のフィルモグラフィーで最も重要な作品」 イエジー・スコリモフスキ「早春」リバイバル公開

  • 映画.com
  • 更新日:2018/01/12

ポーランド出身の鬼才、イエジー・スコリモフスキ監督の青春映画で、カルト的人気を誇る「早春」のデジタルリマスター版が1月13日に劇場公開する。スコリモフスキが1970年にイギリスと当時の西ドイツで撮影した作品で、15歳の少年の不器用な初恋を美しい映像でつづるドラマだ。来日したスコリモフスキ監督が作品を語った。
 ロンドンの公衆浴場に就職した15歳のマイクは、そこで働く年上の女性スーザンに恋心を抱く。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「あれが一発レッドなのか...」史上2番目のスピード退場となったコロンビア代表MFが嘆き節【ロシアW杯】
傷心ハメスが沈黙を破った! 痛恨の日本戦黒星に「勝者はミスをしたくらいでは...」【ロシアW杯】
共働き夫婦だからこそ、夫が絶対に言ってはいけない「地雷」の一言
海外メディアも日本の番狂わせを続々報道「感動火花」「評論家の度肝抜く」
AKB48総選挙総括。見どころはたくさんあった......でも「残酷ショー」はこのままでいいのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加