マー君、中継ぎスタンバイ!ヤンキース12日運命の大一番へ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/12

【クリーブランド(米オハイオ州)10日(日本時間11日)】米大リーグ、プレーオフはア・リーグ地区シリーズ(5回戦制)第5戦が11日(同12日午前9時開始予定)に行われる。ヤンキース(ワイルドカード)はインディアンス(中地区1位)に2勝2敗で、田中将大投手(28)は第5戦でブルペン待機する。シカゴで行われる予定だったナ・リーグ地区シリーズ第4戦のカブス(中地区1位)-ナショナルズ(東地区1位)は悪天候で中止。11日(同12日)に順延された。

負ければシーズンが終わる。田中はア・リーグ地区シリーズ第5戦に中継ぎとして待機。状況によっては、楽天時代の2013年の日本シリーズ第7戦以来、4年ぶりにリリーフ登板する。

「試合展開次第でしか決められないが、投手は(第4戦に先発した)セベリーノ以外は全員、登板の可能性がある」

公式会見でジラルディ監督が説明した。敵地では苦戦が予想され、投手陣の消耗も激しくなる。先発のサバシアが早期降板となれば、田中の中継ぎ登板の可能性が高くなる。

2連敗で迎えた第3戦では7回無失点と好投し、1-0の勝利につなげた。救世主となった田中は本拠地のヤンキースタジアムで調整してから決戦の地に入った。

9日(日本時間10日)には「チーム一丸になって最終戦をとって、次のステージにいけるように」と決意を明かした。まずは5年ぶりのリーグ優勝決定シリーズ進出に全力を尽くす。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
モートン7失点KO 有名ステーキ店所有疑惑解消も
マエケン準備中に「ヒゲ」ターナーがサヨナラ3ラン
ヤンキースお目覚め1勝 ジャッジ3ランで快勝
ダルビッシュで3連勝&WS進出王手へ ド軍監督「信頼は大幅に増している」
新ポスティング制度で大谷移籍の例外ルールは設けられるのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加