英高級百貨店ハロッズ、ダイアナ元妃と恋人の像を返還へ

英高級百貨店ハロッズ、ダイアナ元妃と恋人の像を返還へ

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/01/14
No image

英ロンドンの高級百貨店ハロッズ内に飾られている故ダイアナ元英皇太子妃とドディ・アルファイド氏のブロンズ像(2006年8月31日撮影)。

【AFP=時事】英ロンドンの老舗高級百貨店ハロッズは13日、故ダイアナ元英皇太子妃と恋人だったドディ・アルファイド氏のブロンズ像を店内から撤去しドディ氏の父親でハロッズの前経営者モハメド・アルファイド氏に返還すると発表した。

この像はダイアナ元妃とドディ氏が1997年に仏パリで事故死した後にアルファイド氏が作らせたもので、手をつないで鳥を空へ放つダイアナ元妃とドディ氏をかたどっている。ハロッズは2010年にカタールの政府系ファンドに売却されたが、像はその後も店内に残されていた。

ハロッズの現社長マイケル・ウォード氏は「これまでの20年間、ハロッズがダイアナ元妃とドディ・アルファイド氏の人生をたたえる役目を担い、世界中から像を見に訪れる人々をお迎えしたことを誇りに思っている」と述べたうえで、ウィリアム王子とヘンリー王子がロンドンのケンジントン宮殿に亡き母親の像を設立するとしていることを受けてハロッズ内のブロンズ像を返還すべき時が来たと判断したと語った。

「公式なダイアナ元妃の記念像をケンジントン宮殿に設立するとの発表があり、われわれはハロッズの像をアルファイド氏に返す時だと感じている。今後、元妃をしのびたい人たちはケンジントン宮殿を訪れるだろう」(ウォード氏)

アルファイド氏はダイアナ元妃とドディ氏の死は英王室の陰謀によるものだと英王室を非難し、ハロッズは2000年に英王室御用達の指定を失った。

アルファイド家の広報担当者は英紙タイムズの取材に、ハロッズを保有するカタール・ホールディングにこれまで二人の像を維持したことへの謝意を示し、「そろそろ彼ら(ブロンズ像の元妃とドディ氏)を家に連れて帰る時期だ」と語った。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
流れる川が凍りつき 一瞬で氾濫!恐怖のアイスジャム(動画)
現代的な本格オフローダーに改造された、1970年代のインターナショナル「スカウトII」がオークションに登場!
新品で購入したジーンズのポケットに汚れた「紐パン」(米)
パチンと異音 くしゃみ我慢の34歳男性“のど破裂”
ベトナムらしくないダラット駅が若者に人気の観光地になった理由 <下川裕治のどこへと訊かれて>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加