ソフトバンク、ジェンセン内野手獲得 今季バムガーナー撃ちの長距離砲

ソフトバンク、ジェンセン内野手獲得 今季バムガーナー撃ちの長距離砲

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/11/30
No image

ソフトバンクは29日、新外国人選手として、米大リーグのダイヤモンドバックスに今季所属したカイル・ジェンセン内野手(28)を獲得したと発表した。年俸70万ドル(約7840万円)プラス出来高払いの1年契約で、背番号は27に決まった。

ジェンセンは今年9月にメジャーデビューを果たし、17試合で打率・194、2本塁打、7打点。メジャー初本塁打は米大リーグを代表する100勝左腕、ジャイアンツのバムガーナーから放った。マイナーでは通算178本塁打をマークした右の長距離砲だ。

190センチ、109キロと大柄で、珍しい「左投げ右打ち」。三笠杉彦球団統括本部副本部長は「長打力のある、いい選手を獲得したいという編成方針に見合う選手」と説明。ジェンセンは「伝統ある常勝チームでプレーできることに感謝の気持ちでいっぱい」とコメントした。

ロッテとの2年契約が満了となったアルフレド・デスパイネ外野手(30)、韓国・NCの左打者エリック・テイムズ内野手(30)の調査も継続して進めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FA史に残る嫌われ者!? 巨人移籍のDeNA山口に「出て行ってよかった」の大合唱
10年ぶり日本一日ハム、1億円プレーヤーが続々誕生 2億超え日本人は5選手に
DeNA三上朋也、倍増6000万も4敗を悔やむ
西武・牧田が1億円プラス出来高払いで更改 2年契約提示も単年選ぶ
板山、ファンと交流 一日人権擁護委員務める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加