新小結・阿武咲がまた日馬富士を撃破 八角理事長も高評価「たいしたもの」

新小結・阿武咲がまた日馬富士を撃破 八角理事長も高評価「たいしたもの」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/14
No image

日馬富士を破り勝ち名乗りを受ける阿武咲

「大相撲九州場所・初日」(12日、福岡国際センター)

新小結阿武咲(21)=阿武松=が先場所優勝の横綱日馬富士(33)=伊勢ケ浜=から2場所連続の白星を挙げた。お互い低くぶつかると、タイミングよくはたき込んだ。横綱白鵬は平幕琴奨菊を上手出し投げで破ったが、横綱稀勢の里は筆頭玉鷲に敗れ、2横綱が黒星スタート。大関の豪栄道と高安はともに初日を白星で飾った。

勢いは九州でも止まらなかった。新入幕から3場所連続2桁白星を挙げて一気に小結に駆け上がった阿武咲。いきなり結びの横綱戦を突破し、「最高です」と喜んだ。

相手は先場所に初金星を挙げた日馬富士。阿武咲は低く当たると、「相手の頭も自分に合わせようと下がった」と冷静に察知。タイミング良くはたき込むと、日馬富士は頭から飛び込むようにバッタリ。同じはたき込みで前方に1回転させた先場所の対戦を再現したかのようだった。

三役初日ながら「自分も滑ったんですけど、相手の手がつくのが見えた」と冷静さを保って手にした白星。八角理事長(元横綱北勝海)も「合格だよね。新三役で物おじしないであれだけ当たれるのだから、たいしたものだ」も評価した。

今場所からまわしの色を赤から紺に変えた。その理由を「新三役に上がったので心機一転。初心を忘れずに、と紺にしました」と説明する。とんとん拍子の出世にも気持ちは緩まない。

2日目の相手は初顔合わせの横綱稀勢の里。十両時代に何度も胸を借り、「勝つのが恩返し」と話していたほどで、この日も土俵下から取組を見て「かっこいいと思った」という。待ち焦がれた一番へ「自分のやるべきことに集中する」と表情を引き締める。強烈な恩返しで九州の地を再び沸かせるか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日馬富士暴行事件から見える「モンゴル会」の闇
横綱・日馬富士の暴行問題が「派閥争い」に進展! モンゴル力士“一斉廃業”の可能性も!?
ビートたけしが目撃した相撲部屋の実状を激白 「大鵬も半端じゃないと言ってた」
日馬富士を取り巻く今の環境
日馬富士暴行で朝青龍派、旭鷲山派の調停失敗? 貴乃花の暴走で大混乱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加