スノボー「平野歩夢」絶対王者は強かった!跳ね返され『銀』

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/02/14

平昌オリンピック・スノーボードハーフパイプ決勝は14日(2018年2月)午前に行なわれ、アメリカのショーン・ホワイト(31)が貫録を見せて97・75点で金メダル、挑戦者の平野歩夢(19)は95・25点の高得点を出したが、絶対王者に跳ね返され銀メダルだった。

直前に放送された「ビビット」で、ゲストのプロスノーボーダー田中幸は「平野選手は『ダブルコーク1440』が公開されている最高難度ですが、ショーンはそれを上回る技を出してくるのではないか」と見ていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生善治竜王と藤井聡太六段の食事に「コンビニ飯」非難相次ぐ
オリックス宗1番名乗り、2安打1盗塁/今日の一番
小平奈緒の“つくりおき料理”がすごい!金メダルボディの秘訣
楽天から侍入り則本、高梨、松井「活躍してなんぼ」
2月21日(水)【 神々の子育て占い 】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加