能見がフリー打撃に登板 全球ストレートで江越と植田に55球

能見がフリー打撃に登板 全球ストレートで江越と植田に55球

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/16
No image

フリー打撃に登板し江越に投げ終え、安心した表情の阪神・能見=宜野座(撮影・堀内翔)

「阪神春季キャンプ」(13日、宜野座)

阪神の能見篤史投手が、フリー打撃に登板した。今キャンプ初めて打者を相手にした投球で、江越、植田を相手に55球を投げて安打性の打球は10本に抑えた。

この日は全球ストレート。江越に2本の柵越えを浴びたが、内外角に投げ分け、捕手の構えたミットに向けて、ほぼ狂いなく投げ込んだ。球種、コースが分かった中でもファウルなど、力で押し込む場面も多かった。

5月には39歳の誕生日を迎えるチーム最年長投手。個人記録では残り2勝の通算100勝、112個で1500奪三振と節目の数字も目前に迫る。球団の生え抜き投手で両項目を達成したのは村山実、江夏豊、小山正明の3人。球団史上4人目の偉業に向けて、キャンプ序盤から元気な姿を見せている。

順当なら開幕ローテーションはエース・メッセンジャーに昨季12勝の秋山、能見、藤浪らは当確。今後はキャンプ中盤に今年初めての実戦登板を経て、シーズン開幕を逆算しながら調整を進めていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷、1被弾2失点デビューに収穫と課題!27日にもDHで打者出場
カーリング女子 勝負を決めた藤沢五月の「悪女の誘惑」
日本ハム・清宮が2打席連続四球「自分らしく打席に立てたかな」
「凄いプレゼントがあるよ」と外に出たらミニカーで落胆した夫。振り向いて凍りつく
カー女子銅メダル、歴史つくったリンドコーチの一喝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加