白井健三、小学生時代に7歳年長の内村からリオ五輪誘われた

白井健三、小学生時代に7歳年長の内村からリオ五輪誘われた

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/15
No image

内村航平(左)と白井健三

体操男子の白井健三(21)が13日、日本テレビ系「くりぃむしちゅーの!THE☆レジェンド」に出演し、自身が小学生のときに内村航平(28)からリオデジャネイロ五輪出場を誘われたことを明かした。

当時、日体大2年生の内村とは、小学生だった白井が同大学で練習していたこともあり、顔見知りだったという。ある時、7つ年上の内村から「リオ(五輪)に一緒に出ような!」と声を掛けられたという。その時は「小学生相手にそんなこと言って、おちょくってんのかなあ」と、かわかれていたと思ったという。

しかし、「年を重ねていくうちに(内村の言葉は)本当なんだ」と考えるようになった。実際、内村とともに臨んだリオ五輪では、見事に団体で金メダルを獲得。白井は「あの言葉が体操人生の明確なモチベーションになった」と、先見の明のある内村に感謝していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
加熱・電子タバコは「紙巻きタバコと同じく推奨できない」 呼吸器学会が見解表明
世界で一番危ない国は...リスク別に色分けされた世界地図が便利
デートしてわかった!男が「この子あげまんだ」と思った瞬間4つ
ブルゾンちえみ、小学生時代の写真公開
ヤバさしかない...「ドザえもん展」開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加