日本ハム清宮、2安打に「これからが再スタート」

日本ハム清宮、2安打に「これからが再スタート」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/18
No image

7回表日本ハム、初安打となる二塁打で出塁後、押し出し四球で生還し笑顔でタッチする清宮(撮影・野上伸悟)

<イースタン・リーグ:楽天4-1日本ハム>◇17日◇楽天生命

日本ハム清宮幸太郎内野手が“プロ初安打”を放った。

「3番一塁」でスタメン出場。2点を追う7回先頭の第3打席だった。この回から登板した楽天安楽の5球目、直球系146キロを捉え、左中間を破る二塁打を放った。イースタン・リーグでは出場5試合13打席目での初安打となった。

9回の第4打席には、楽天小野の初球149キロをはじき返し右前打。初安打を皮切りに2安打マルチと奮起した。

限局性腹膜炎での離脱などを乗り越え、待望の初安打を生み出した。「いろいろありましたけれど、いつかは出ると思ってずっとやってきた。これを継続していくのが大事。これからが再スタートです」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
法大・三浦、デビュー戦3回1失点 同級生ライバルに刺激
ヤクルトがイケメン大総選挙!球団史上初の試み、全選手からベスト10決定
「4番・大谷」技あり打!変則右腕クエトに“三度目の正直”
メジャーではありえない!?高木菜那のノーバン始球式で見えた光景とは
20年夏の甲子園、東京五輪閉幕後10日以降で調整
  • このエントリーをはてなブックマークに追加