『SMAP×SMAP』厳戒態勢でも一体感が出てしまった、メンバー5人の絶大な信頼感

『SMAP×SMAP』厳戒態勢でも一体感が出てしまった、メンバー5人の絶大な信頼感

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2016/11/30

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

昨日、11月28日のASKA覚せい剤使用容疑での逮捕は衝撃だった。しかしもっと驚いたのは逮捕状さえ請求されていない時点で、マスコミがこれを一斉に報じ、ASKA本人がブログでこれに反論していたことだ。前代未聞。もちろんその裏には警察の強力なリークがあったわけだが、とんだ茶番だ。

第343回(11/24~29発売号より)
1位「『スマスマ』 現場を凍りつかせた『一体感ある!』ゲストのひと言」(「週刊女性」12月13日号)
2位「シリーズ人間 “ニューハーフ”弁護士世の中、しばき倒します!」(「女性自身」12月13日号)
3位「中谷美紀 『カレの腰をギュッ!』密着デート撮」(「女性セブン」12月8日号)

「週女」に大変興味深い『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)インサイドレポートが掲載されている。

今年1月の解散騒動以降、『スマスマ』は観客を入れずに厳戒態勢での収録が続いていたことから、これまで“凍りついた雰囲気”“雪解け”などと断片的な情報が多かったが、さすがは「週女」、SMAPの現状が的確に伝わってくる情報をキャッチしている。

記事によると、11月14日放映の同番組では全てをカットされた“あるシーン”が存在したという。それは中居正広がゲストのサバンナ・高橋茂雄に対し、交際がウワサされるPerfumeのあ~ちゃんをネタにイジったことだった。

するとSMAPの他4人もPerfumeネタで悪ノリし、イジリだしたのだという。

「そのときの5人は息の合ったチームワークを見せていましたね」(記事内の制作会社関係者コメント)

おー、素晴らしい一体感! ファンにとっては瞠目すべき歓喜に包まれるようなシーンだが、しかし、たまりかねたのが高橋だったという。

「なんでこんなときだけ一体感だしてくるんですか!?」

おいおい。ぶち壊しだろう。そう高橋がぶち壊した。SMAPはその言葉にハッと思い出したように、重苦しい雰囲気になってしまったらしい。高橋、大チョンボだ。

しかしこのエピソードは、なんとも素敵で、しかも示唆に富んだものだ。やっぱり、心の中ではメンバー全員がSMAP大好きなんだな。時にはわだかまりをつい忘れ、一体感を出してしまう。涙、である。なんといっても1988年から活動し、CDデビューからでも25年。その間に蓄積された信頼感は絶大だったはずだ。そう、昨年までは。

これをぶち壊したのは、もちろんジャニーズ事務所副社長のメリー喜多川氏だが、ここまでズタズタにされたのだから、やはり一度は解散しないと、どうにもならないのだろう。『NHK紅白歌合戦』も出なくていい。しかし今回のエピソードを見れば、今後何年、いや何十年後かもしれないが、いつか恩讐を乗り越えSMAPは再結成してくれるのではないかと期待してしまう。

ジャニーズ事務所もこれからさらに世代交代が進むはずだ。芸能界の勢力図も大きく変わるだろう。そんな時、SMAPメンバーそれぞれがどんな決断をするのか。末長く楽しみにして待ちたい。

「自身」の長期名物連載「シリーズ人間」。かつて「自身」を100万部雑誌に押し上げた同誌の“顔”というべき人物ルポだ。

そんな歴史ある連載、今週は素敵だ。取り上げた人物は“なにわのニューハーフ弁護士”仲岡しゅんさん31歳。

「真っ赤な口紅に、まぶたも赤のアイシャドー。パンツスーツに包まれた170センチの長身をまっすぐに伸ばし、さらに15センチのヒールを履いて、長い脚をきわ立たせる」

そんな仲岡さんのかっこいい写真が大きく掲載されているが、しかしかっこいいのはその姿だけではない。ときには大阪ミナミのぼったくりバーに自ら乗り込み、依頼人がぼったくられた金を見事に取り戻す。被差別部落問題に取り組み、マイノリティに寄り添う。

「物事は、下から見ないとあかんと思ってる」
「どっかの市の前市長とか、どっかの国の現首相とかね。そういう権力を振りかざす奴らをしばくために私は弁護士になったんですよ」
「偉そうにふんぞりかえる奴らが許せないんや」

しびれます! そんな仲岡さんの活動や生い立ちについてはぜひ誌面で読んでほしいが、老舗週刊誌、さすがは目の付けどころが違う素敵なルポだった。

余談だが、「自身」の歴史も描かれている『週刊誌風雲録』(文藝春秋、高橋吾郎著)に、びっくりな「自身」の“裏歴史”が紹介されていた。

それは昭和35年2月、現皇太子の浩宮が誕生したが、しかし皇太子(現天皇)一家の写真は宮内庁公認のものしか手に入らなかった。だが「自身」は写真好きの浩宮待医が東宮御所で撮った写真を街の写真屋に出していることをキャッチ。さらに写真屋のアルバイト店員を“買収”して、現像済みのフィルムを持ち出させ写真入手に成功したという。そして浩宮ご生誕1年にあわせ、「おめでとう! 満一才!」との大特集を組む。その売れ行きは70 万部で返品率3%!

宮内庁も自身の管理責任が問われるため、ことは表沙汰にならなかったというが、すごいエピソードだ。こんなゲリラ的な手法は現在では無理かもしれないが、その精神は引き継いでいってほしい。今週の「シリーズ人間」と合わせて、つくづく思った。

「セブン」のワイド特集で、スクープが。それが中谷美紀と、同世代の外国人男性との熱愛記事だ。

この時点では「セブン」も男性の素性を掴めなかったようだが、この報道を受けて事務所が発表したのが、中谷のお相手が世界的オーケストラであるウィーン・フィルハーモニーのドイツ人ビオラ奏者ティロ・フェヒナー氏だということ。

中谷といえば、前カレの渡部篤郎といろいろあったが、それ以上の大物をゲット! さすがです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
再び...「フライデー」が成宮寛貴コカイン疑惑の詳報、具体的すぎる描写
成宮寛貴、芸能界引退...ダウンタウン松本の「下手したら廃刊」発言が批判の矛先に
成宮寛貴引退で『フライデー』炎上はおかしい、との声も
成宮寛貴、実弟が明かす“兄への感謝”
成宮さん引退にビートたけし「フライデーだから」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加