「ショーツはオーガニック派」の辺見えみりさんが悔しがるほどの、「オーガニックな極上紙おむつ」新発売

「ショーツはオーガニック派」の辺見えみりさんが悔しがるほどの、「オーガニックな極上紙おむつ」新発売

  • レタスクラブニュース
  • 更新日:2016/12/01
No image

.

タレントの辺見えみりさんが「実は私、オーガニックのショーツが大好きなんです」と突然の大胆発言。

【写真を見る】新発売のベビー用紙おむつ「ナチュラル ムーニー」(ユニ・チャーム)

実はこれ、11月30日に行なわれたベビー用紙おむつ「Natural Moony(ナチュラル ムーニー)」(ユニ・チャーム)の発売記念イベントでのコメントです。

「ナチュラル ムーニー」は、日本初の“オーガニックコットン配合表面シート”を採用した、赤ちゃんの肌に安心な最高品質の紙おむつ。表面シートのふわふわ感を20%アップ(※1)し、ママの手に包まれたような気持ちの良さを実現。やわらかい肌ざわりで、生まれたての赤ちゃんの肌に安心して使えるのが特徴です。また表面シートには、一般的な石油由来油剤ではなく、100%植物由来の親水剤を使用。肌と同じ弱酸性を実現し、赤ちゃんの肌をやさしく包みます。

3歳の女の子のママでもある辺見さんは、「私もずっと(娘に)このブランドを使ってたんです。もともとやわらかいんですが、さらにやわらかくなって、しかもオーガニック素材でできているのは相当いいですよね」と、その手ざわりに感激。

結婚、出産を機にオーガニック食材や製品に目覚め、冒頭の「ショーツ発言」にもあるように身の回りの品の多くをオーガニックに。そして今ではオーガニックの聖地・サンフランシスコへ家族旅行に行くほどのオーガニック好きだけに、「私も娘のために使いたかったです~」とうらやむ場面も。

同イベントにともに出席した、皮膚科医で2児のママでもある友利 新(ともり あらた)さんは、赤ちゃんの肌について臨床の実体験も交えてコメント。「赤ちゃんの肌はとてもデリケート。乾燥と刺激は大敵です。実際、7~8割のママが赤ちゃんのおむつかぶれに悩んでいますが、その原因は、長時間うんちやおしっこが肌に触れていることなんです」。

その点、「ナチュラル ムーニー」は、表面シートを赤ちゃんの排泄に合わせて前後で分け、おしっこ吸収ゾーンと、低月齢児特有のゆるうんち吸収ゾーンで加工。ゆるうんちをキャッチできる凸凹構造に仕上げ、うんちの肌残りを36%カット(※2)というから、現役の新生児ママにとっては期待が高まる!

実際に生後3カ月の娘さんに使用中という友利さんは「やわらかくて肌あたりもよく、うんちやおしっこをしっかり吸収してくれるので、まさに布おむつと紙おむつの“いいとこどり”をした製品です」と絶賛。「娘に使っていますが、上の息子のときに比べて、おしりの赤い部分が少ないです」とやわらかさを日々実感しているよう。

辺見さんは「オーガニックはひとつ知るとさらにいっぱい知りたくなるので、ここから入るのもよいと思います。また(娘はおむつを卒業しているので)これから出産するお友達にナチュラル ムーニーで作った“おむつケーキ”をプレゼントするのを企んでいるんです」とにっこり。

さらに前日に結婚を発表したV6・長野博と女優・白石美帆夫婦に触れ「おふたりにお子様が生まれたら、このおむつをいっぱい送りたい」と祝福コメント。おむつ世代でない人も、ギフトとしてこの極上紙おむつを活用するのもよさそうです。

2014年から3年連続「マザーズセレクション」(※3)を獲得しているという「ムーニーシリーズ」。シリーズの最新アイテム「ナチュラル ムーニー」、育児世代に限らず、気軽な出産ギフト品としても注目です。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【けしからん】美人だが、あまりに攻めた格好で授業どころではない教師が話題に
オモシロすぎる!実在の高校名ランキング 3位「飯田OIDE長姫高等学校」
他人のお尻を洗った「温水洗浄便座」......衛生面を専門家が解説!
【泥酔注意】酔い潰れた男性が目覚めたら「死体安置所」に入れられていたでござる
部下を必ずつぶしてしまう上司の特徴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加