カド番・照ノ富士 ピンチ4敗 左脚引きずるも6日目出場明言

カド番・照ノ富士 ピンチ4敗 左脚引きずるも6日目出場明言

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

◇大相撲秋場所5日目 ●照ノ富士―松鳳山○(2017年9月14日 両国国技館)

No image

付け人の肩を借り、国技館を後にする照ノ富士(右

カド番の大関・照ノ富士が窮地に追い込まれた。松鳳山に寄り切られて早くも4敗目。さらに古傷の左膝も悪化させた。

負け残りの土俵下から左脚を引きずりながら支度部屋に戻り「前に出たところ(で痛めた)」と説明した。病院での検査で半月板がずれていることが判明したが、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)によると「(ずれを)治したら痛みがだいぶ引いた」という。照ノ富士が伊勢ケ浜部屋に戻った後に話し合いを持ち、師匠は6日目について「出場します」と明言した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新入幕・朝乃山、堂々勝ち越し「ホッとしています」/秋場所
新十両矢後3連勝でストップ「反省」大砂嵐と力の差
豪栄道10連勝 2度目の優勝見えてきた 難敵・御嶽海を寄り切る
日馬、7勝も笑顔なし...「一生懸命やっても結果につながらない」/秋場所
豪栄道、1敗堅持=日馬富士は4敗目-大相撲秋場所10日目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加