【南関東競馬】プリンシアコメータ重賞初V 岩田絶賛「本当に強い内容」

【南関東競馬】プリンシアコメータ重賞初V 岩田絶賛「本当に強い内容」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/07
No image

逃げ切ってクイーン賞を快勝したプリンシアコメータ

「クイーン賞・Jpn3」(6日、船橋)

単勝2・0倍の1番人気に支持されたプリンシアコメータが、すんなり主導権を奪って最後まで後続を寄せつけず、3馬身差で逃げ切って重賞初制覇を決めた。2着は2番人気のアンジュデジールが追い込み、さらに5馬身離れて4番人気のラインハートが3着に入った。

前走のJBCレディスクラシックでララベルに頭差で惜敗したプリンシアコメータが、スタートから主導権を奪って後続に3馬身差をつけて文句なしの勝利を決めた。「本当に強い内容。返し馬でも落ち着いていて、最後まで余裕があった。ゴールを過ぎてからも元気に走ってました。以前に乗せてもらったときよりもパワーアップしている」と3月以来、2度目のコンビを組んだ岩田も絶賛する。

陣営の作戦もズバリ的中した。今回もすんなり単騎逃げが見込める組み合わせとあって「ブリンカーを薄くして、後ろから他馬が来たら突き放す作戦」(矢野師)だった。マイペースでハナを奪い、上がりもメンバー最速の3F38秒0をマーク。想定以上に最高のパフォーマンスを発揮してみせた。

この勝利でTCK女王盃の優先出走権を獲得したが、指揮官は「次は川崎記念(1月31日・川崎)に行きます」と牡馬相手のJpn1への参戦を表明。「小回りコースは合っているし、どこへ行っても恥ずかしくないレースが出来る」とさらなるビッグタイトル奪取へ自信をのぞかせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
駅の男子トイレの床に何か書いてあるんだが...「神対応」だった!
ローラの人間離れした究極ボディが凄い!あの新CMが解禁!
中村愛、ビキニから下乳出すぎに「サイズが合ってないんじゃない説」
小峠「着衣でお金が貰える時代が来るとは...」
宇宙人は数千年前から何度も地球を訪問しており、冷戦時代に混乱を招いた(カナダ元国防大臣)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加