仮想通貨の割安・割高ランキング【フィスコ・アルトコインニュース】

仮想通貨の割安・割高ランキング【フィスコ・アルトコインニュース】

  • FISCO
  • 更新日:2018/02/15
No image

株式会社フィスコ

2月15日7時30分時点における時価総額上位100通貨のデータをを抽出。同データをもとに、ビットコインをベースとして、流動性の観点から相対的に割安・割高と判断できる通貨をランキング化したコンテンツです。

■流動性の観点から【割高】と判断できる通貨

1位:イーサリアム(ETH)         +96.40%

2位:リップル(XRP)           +75.60%

3位:ビットコインキャッシュ(BCH)  +83.54%

4位:アイオタ(MIOTA)          +64.30%

5位:カルダノ(ADA)           +32.69%

□流動性の観点から【割安】と判断できる通貨

1位:テザー(USDT)            -57.67%

2位:ライトコイン(LTC)         -54.42%

3位:イーサリアムクラシック(ETC)  -80.52%

4位:クアンタム(QTUM)         -419.85%

5位:イオス(EOS)             -74.47%

※表記は通貨コード(略称)となっています、あらかじめご了承ください。なお、ランキングについては、フィスコ算出の適正時価総額に対する時価総額(データ取得時)の差額が大きい順となっています。「%」表記については、フィスコ算出のフェアバリュー(適正時価総額)に対する乖離率となります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スバル車のボンネットに穴があるワケ そもそもなんのための穴なのか
一般オーナーたちの自慢の旧車、選ばれし10台...ノスタルジック2デイズ
絶対に会社を潰す"ダメ社長"3つの傾向
どう見てもレーシングマシン!?なのに公道を走れる国産スーパーカー『IF-02RDS』【今すぐ買える!普通じゃないクルマ&バイク】
東京で「買ってはいけない不動産」はこれでわかる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加