最新ランキングをチェックしよう
Hyperloop Oneが超高速次世代交通システム「ハイパーループ」の建設候補地10カ所を発表、2021年までに一部ルートの実現を目指す

Hyperloop Oneが超高速次世代交通システム「ハイパーループ」の建設候補地10カ所を発表、2021年までに一部ルートの実現を目指す

  • GIGAZINE
  • 更新日:2017/09/17

空気を抜いて真空に近い状態にしたチューブ状の線路の中を時速1000km以上という超高速で走る次世代交通システム「Hyperloop(ハイパーループ)」開発する2つの企業のひとつ、Hyperloop Oneが将来の建設予定ルートを発表しました。同社では2016年から1年かけて候補地の選定を進めており、今回の発表では5カ国・10カ所のルートが候補地として選ばれています。
The Power of Op

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「さすが先進国」「日韓の根本的な違いを感じる」日本企業のノー残業に韓国ネットが感心しきり
「ブラックフライデー」始まる、日本では1日前倒しで
日本が誇る100年企業の不変と革新のヒストリー・技術革新編
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
"年間1.6億人"が来るサイゼリヤの客単価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加