レッドソックスのセールが史上最速2000奪三振 マルティネスの記録を大幅更新

レッドソックスのセールが史上最速2000奪三振 マルティネスの記録を大幅更新

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/14

レッドソックスの左腕、クリス・セール(30)が13日、敵地クリーブランドで行われたインディアンス戦に先発。3回2死からイ軍の新人オスカー・メルカド(24)を三振に仕留めたところで通算の奪三振数が「2000」に到達した。

No image

史上最速で2000奪三振を達成したレッドソックスのセール(AP)

ホワイトソックス時代を含めてメジャー10季目のセールは通算1626イニングで2000奪三振を達成。これまでのメジャー最速記録はペドロ・マルティネス(元レッドソックスほか)が保持していた1711回1/3だったが、この記録より85回1/3も早く大台に到達した。従来の歴代2位はランディー・ジョンソン(元マリナースほか)の1733回1/3で3位はマックス・シャーザー(現ナショナルズ)の1784回だった。

セールはインディアンズ戦で6回2/3を投げて12三振を奪い、通算奪三振は歴代82位の2007。しかし今季の不調を象徴するかのように5点を献上して7勝目を逃した。昨季まで7季連続で2ケタ勝利を挙げているセールは今季開幕から5連敗。ここまでの成績は6勝11敗で防御率は自己ワーストの4・41となっている。

試合は延長10回に1点を加えたレッドソックスが7―6で勝って63勝59敗。連敗を3で阻止した。インディアンズは72勝48敗となり、ツインズがブルワーズに勝って72勝47敗としたために、ア・リーグ中地区の首位が入れ替わった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤンキースにまた退場者、判定に抗議した監督ら3人
『サンデーモーニング』MLB評論もダルビッシュ投手はスルー 内容に批判
【MLB】大谷翔平の“カーブ解禁”ブルペンに地元メディア興奮「進歩」「回復は極めて良好だ」
カブス・ブライアントが決勝弾、観客の野次に発奮
【MLB】キューバ出身プイグ、大乱闘出場停止処分中に米国国籍取得「神に感謝しています」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加