お米がふっくらほどける~!大塚のおにぎり専門店「ぼんご」で、“にぎらない”フワッフワの食感を体験してみた

お米がふっくらほどける~!大塚のおにぎり専門店「ぼんご」で、“にぎらない”フワッフワの食感を体験してみた

  • えん食べ
  • 更新日:2018/01/23
No image

すべての動画・画像がある記事はこちら

日本人なら誰しも一度は食べたことがあるであろう「おにぎり」。その“究極形態”を極めたといっても過言ではないのが、東京・大塚にあるおにぎり専門店「ぼんご」です。

時間帯によっては行列ができるほどの人気店。失礼ながら、おにぎり目当てに人が並ぶってすごくないですか?気になるその魅力とは…?この目と舌で確かめてきました!

◆魅力その1、メニューが多い
新潟産コシヒカリを使ったおにぎりは、250円(税込、以下同じ)、300円、550円の具が全部で50種類以上ラインナップ。プラス50円で具の量を2倍にしたり、2種類の具を1つのおにぎりに入れたりすることもできます。もはや組み合わせは無限大!

悩みましたが、今回はしゃけ(250円)と筋子(550円)を1個ずつ注文しました。

◆魅力その2、食感
ぼんごのおにぎりは、握らない。たっぷりの具を、パリパリの海苔で包むだけなんです。だから食べたときに口の中で、お米がふっくらほろほろほどけるような唯一無二の食感が楽しめる。お米の粒感はしっかりあるのに、重たくないので何個でも食べられちゃうのです!

◆魅力その3、具の多さ
そして、どこから食べてもひと口目からなだれ込んでくるほどたっぷり入った具。しゃけはふわっふわ、プチッと弾けてトロリと広がる筋子は、しょっぱくてコクのあるうまみがたまりません!

単なるおにぎりではなく、炊きたてのごはんとおかずをひと口にほお張っているような感覚。そのくらいごはんは粒立ちが良く、具もたっぷり入っているんです。このおにぎりは並ぶ価値あり!

◆持ち帰りの賞味期限は180分
あまりのおいしさにもっとぼんごを追求したくなり、思わず持ち帰りで追加注文。2つの具を選べる「トッピング」おにぎりから、お店おすすめの「しらす+ままけは」(300円)と「ベーコン+チーズ」(350円)をお願いしました。

しらす+ままけはは、ふっくらやわらかい釜茹でしらすがたっぷり!ままけはとは山形の甘辛いこうじ味噌のこと。ツンとくる辛さがしらすのうまみをぐっと引き立て、次のひと口をそそります。

ベーコン+チーズは、とろけるチーズとベーコンのうまみが広がる洋風おにぎり。ひとたびかぶり付けば、コクと甘辛さでパクパク止まらない…!ベーコンは醤油とみりんで味付けされているので、ごはんにもよく合います。

ぼんごによると、おにぎりは「保存食ではなく生もの」。とても傷みやすいので、持ち帰る場合は3時間以内にお召し上がりください、とのこと。おにぎりの食感や鮮度にこだわっているからこそのこだわりですね。

席はカウンターのみなので回転は速く、並んでいても比較的すぐに入れると思います。電話での注文も受けてくれるので、オフィスでのランチ会議やイベント、パーティーなどで利用してみるのもアリかと。お米が好きならぜひ一度訪れてほしいお店です。

すべての動画・画像がある記事はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2月20日(火)【 神々の子育て占い 】
鉱石×和菓子がコラボした新感覚スイーツ!宝石みたいにキラキラの「こうぶつヲカシ」がステキ♡
たこ焼が“創業価格”420円に!銀だこで過去最大級の「大創業祭」--スタンプ2倍・3倍キャンペーンも
大阪グルメ代表格『551HORAI』の豚まんが小田急百貨店新宿店に出店!【小田急うまいものめぐり】
「おいしい」と「もったいない」をシェア! 食べきれないなら持ち帰り~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加