【セルジオ越後】決定機をフイにしすぎ...大迫は“中途半端”だし、香川は消えた

【セルジオ越後】決定機をフイにしすぎ...大迫は“中途半端”だし、香川は消えた

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/06/25
No image

香川のパフォーマンスは物足りない。途中からどこにいるか分からなかった。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

No image

大迫がシュートを外しまくっていたのは残念。”半端なさ”をまったく感じられなかった。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

日本代表がセネガルに2-2で引き分けて、グループリーグ突破に前進した。戦前の両チームの評価を考えれば、格上の相手に負けなかったのは良かったけど、これを決して高く評価してはいけないよ。あくまで目標は勝利だったわけで、結局それを達成できなかった。点数をつけるとしても、10点満点中5点くらいだろう。

セネガルは初戦のポーランドとの試合に照準を絞っていたのか、日本との試合では明らかにコンディションが落ちていた。全体的にパスミスも多かったし、キープも満足にできていなかった。エースのマネにしても動きが重くて本来のキレを失っていたよね。

日本は、相手が本調子ではなかったことに助けられたという事実を忘れてはいけないよ。

相手が低調だったにも関わらず、先制点を与えてしまったのはいただけない。試合運びの拙さが表われたね。先行して慌てて追いつくけど、追加点を取られて、また無理をして攻めなければいけなくなる。そんな展開で、日本は90分間後手に回ってしまった。つまりスコアに動かされてしまっていたんだ。

積年の課題でもある決定力不足も露呈した。セネガルよりもチャンスは多く作っていたと思うけど、やっぱりあれだけ決定機をフイにしていまっていては、勝てる試合も勝てなくなる。

何より大迫がシュートを外しまくっていたのは残念だ。セネガル戦は“半端なさ”はまったく感じられなかった。むしろ、ドイツでゴールが奪えなかった昨シーズン中の“中途半端”な状態に戻ってしまっていたよ。

数的優位のコロンビア戦でできていたことでも、日本の選手は数的同数でプレッシャーをかけられると、途端に精度を欠いてしまうんだ。決めるべきチャンスをしっかりと決めていれば、相手のコンディションから言っても、苦しむ試合ではなかったはずだ。 前半にミドルシュートを決めた乾も、後半のシュートはバーに当てて外してしまった。本田も同点ゴールは決めたけど、それ以外に特別な仕事していない。原口も、ほとんど守備に専念していて、消極的に映った。マネを止めるというプランだったのかもしれないけど、それでも攻撃の迫力不足は否めなかった。

特に香川のパフォーマンスは物足りなかったね。途中からどこにいるのか分からなかったよ。新チームになったばかりのパラグアイ戦で活躍して、コロンビア戦ではPKを決めたけど、レベルの高い相手が11人揃うと、どうしても存在感が陰りがちだ。次の試合では、奮起を期待したいね。

一方の守備では吉田と昌子は身体を張って頑張っていた。でも、それだけ必死に守っても2点を献上してしまったのは気になるね。特に2失点目は完璧に崩されてしまった。エリアの中での1対1の対応は修正が必要だ。

この2試合で4点取っているけど、逆に3点取られているからね。得失点差の勝負になった時に、これが響かなければ良いのだけど。

そのためにも次のポーランド戦は無我夢中で戦わなければいけない。おそらく、この流れでスタメンを大幅に入れ替えたり、戦術を変えるようなことはしないだろう。それでバランスが崩れるほうが怖いからね。疲労を残さないよう、しっかりとコンディションを調整してほしいね。

グループリーグの2戦を終えて思い返されるのは、西野監督が指揮していたアトランタ五輪だ。ブラジルを倒してスタートしたけど、結局最後は得失点差でグループリーグ突破を果たせなかった。強豪を倒しても得失点差で決勝トーナメントには進めないという、おかしなジンクスが生まれないことを祈るよ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クロアチア女性大統領、モドリッチらと涙の抱擁
突破力示したFW晴山はじめ、U-17新潟選抜は前へ、前への攻守。U-17代表苦しめ、地元観衆も拍手
久保建英の背中を追う異質のドリブラー!FC東京Uー18期待の1年生が面白い
1失点を悔しがるJ注目GK相澤ピーター・コアミ「どんな試合でも勝てるGKに」
【投票結果】日本代表の新エースに選ばれたのは堂安律! 柴崎岳や久保建英も上位にランクイン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加