水沼が後半ロスタイムに決勝点! C大阪、敵地で済州を下しACL白星発進

水沼が後半ロスタイムに決勝点! C大阪、敵地で済州を下しACL白星発進

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/02/15
No image

後半アディショナルタイムに水沼宏太が決勝点を決めた [写真]=Getty Images

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループステージ第1節が14日に行われ、済州(韓国)とセレッソ大阪(日本)が対戦した。

C大阪は10日に行なわれたFUJI XEROX SUPER CUP 2018からスタメンを2名変更。最終ラインに木本恭生、ボランチにはソウザが起用された。

前半をスコアレスで折り返すと、後半に入り65分。杉本健勇のパスを柿谷曜一朗がヒールで落とすと、清武弘嗣がシュートを放つ。しかし、惜しくも相手GKの好セーブに阻まれた。すると迎えた後半アディショナルタイム、途中出場の高木俊幸のシュートはブロックされたが、こぼれ球を相手GKとDFがお見合い。走り込んだ水沼宏太が無人のゴールに流し込み、C大阪が先制に成功する。

試合は0-1で終了。敵地で価値ある勝ち点3を獲得した。次戦は21日、ホームで広州恒大(中国)と対戦する。

【スコア】
済州 0-1 セレッソ大阪

【得点者】
0-1 90+3分 水沼宏太(C大阪)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
男子バレー清水、右前十字靱帯を損傷で全治12カ月 復帰は未定
浦和 開幕戦へ“堀のカーテン”強化、お得意FC東京に油断なし
古巣へ復帰した内田篤人を待っていた“背番号2”「鹿島を出るときから体が動くうちには戻ってきたいと...」
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
「Jリーグ王者の実力が...」韓国メディアは蔚山現代vs川崎戦をどう報じたのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加