サラーは「売る必要があった」。ファンに我慢を求めるローマSD

サラーは「売る必要があった」。ファンに我慢を求めるローマSD

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/02/16
No image

リバプールでゴールを量産するモハメド・サラー【写真:Getty Images】

ローマのスポーツディレクターであるモンチ氏は、FWモハメド・サラーの放出は防げなかったと語っている。伊メディア『スカイ』が伝えた。

昨年夏のローマからリバプールへ移籍したサラーは、イングランドで大活躍中だ。そのサラーを5000万ユーロ(約67億円)手放したローマには、特にファンから疑問の声が出ている。

モンチ氏は「最終的にこの額に達した。その瞬間に売る必要があったんだ。それは重要なオプションだった。サラーの価値は、さらに高まるかもしれない。だが、それが新しい移籍を可能にした」とコメント。「リバプールの最初のオファーは3200万ユーロとボーナス300万というオファーだったよ」と、交渉の末に引き出した額だと話した。

そして、ローマのファンには我慢を求めた。「ファンが望んでいるのは勝利だ。ただ、私の仕事は勝つだけのクラブをつくることじゃない。ファンは約束を望んでいない。求めているのは結果だね。私は受け入れるが、少し信じてもらいたい」と、ファンに忍耐を求めた。

ローマは現在、セリエAで4位に位置している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
平昌五輪、韓国人選手の対戦相手のSNSに韓国人が誹謗中傷攻撃...IOCが異例の呼びかけ
なでしこ22歳FW、謎の「セクシーポーズ」反響 「なぜこんなことに...」と絶妙写真公開
大迫が今シーズン2得点目!コンディション不良からの復帰戦で結果を残す
エイバル、数的不利で奮闘するもバルセロナに敗戦...乾は先発フル出場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加