最新ランキングをチェックしよう
井岡一翔の「誠実さ」と「覚悟」 日本人初4階級制覇の原動力

井岡一翔の「誠実さ」と「覚悟」 日本人初4階級制覇の原動力

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2019/06/20

ボクシングの井岡一翔(30)=Reason大貴=が日本人初の世界4階級制覇を達成した。WBO世界スーパーフライ級王座決定戦が2019年6月19日、千葉・幕張メッセで行われ、同級2位の井岡が同級1位アストン・パリクテ(28)=フィリピン=に10回1分46秒TKOで勝利した。井岡はミニマム級、ライトフライ級、フライ級に続いて世界4階級目を制覇。日本ボクシング史に新たなページを刻んだ。
一度は跳ね返され

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
太田が世界切符 “援軍”セコンド伊調に応えた 東京五輪へ階級アップ視野
グレコ文田健一郎は投げてナンボ 国際大会で実践
永瀬叡王が挑戦者決定戦進出 佐藤天九段下す 第67期王座戦
RAW#1364「ヘイマンが企む、レスナーの“リブランディング”」
那須川“虎”になった 必殺・胴回し回転蹴りさく裂!KOで決勝進出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加