井山がしのいで2勝目 天元戦第3局

井山がしのいで2勝目 天元戦第3局

  • 西日本新聞
  • 更新日:2016/12/01

囲碁の井山裕太天元(27)=棋聖、本因坊、王座、碁聖、十段=に一力遼七段(19)が挑戦している第42期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第3局は1日午前9時から福岡県宗像市の宗像ユリックスで打たれ、午後4時56分、井山が163手で黒番中押し勝ちした。

井山は対戦成績を2勝1敗とし、2期連続、通算5期目の天元位獲得と6冠維持まであと1勝とした。

黒が第1着の右上隅小目(17四)から右下隅一間ジマリに構える珍しい布石で始まった本局。黒が右辺に地模様を広げたのに対し、白が22(17十二)の打ち込みからうまくしのいで治まった。

昼食休憩後、左下で第2ラウンドの攻防が始まり、戦いは左辺全体に拡大。一力が着実な応手でリードしたが、井山が左上をコウにするなどしのいで形勢を逆転。一力を投了に追い込んだ。立会人の坂口隆三九段は「井山天元がしのぎの強さを見せた」と語った。

持ち時間各3時間のうち残りは井山が1分、一力は2分。第4局は12日に兵庫県洲本市のホテルニューアワジで行われる。対局の模様は西日本新聞ホームページでも紹介している。

=2016/12/01 西日本新聞=

◆第42期天元戦の中継サイトはこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シャペコエンセでのプレー希望。”アイスランドの英雄”が名乗りを上げる
シャペコエンセ、コパ・スダメリカーナ優勝が決定
バルサ 楽天入りデザイン承認
シャペコエンセのスダメリカーナ杯優勝が正式決定。南米サッカー連盟が発表
「トップでの試合出場に毎に5万ユーロ」レアル17歳神童の契約内容が暴露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加