【セルジオ越後】ハーフタイムまで何も変われず4失点...それでもプロか?と言いたいし、森保“兼任”監督のままでいいの?

【セルジオ越後】ハーフタイムまで何も変われず4失点...それでもプロか?と言いたいし、森保“兼任”監督のままでいいの?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/11/20
No image

エースのロンドンは前半だけでハットトリックを達成。コパ・アメリカ8強の実力を示した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

No image

日本代表を率いる森保監督。劣勢に立ったチームを立て直したのは前半に4失点を喫した後だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

テストマッチのベネズエラ戦は、ここ最近見ないくらいの本当にひどい試合だったね。前半に4点を奪われて、後半に山口が1点を返し1-4というスコアにはなったけど、試合は前半でもう終わり。いくら監督が「選手たちは後半に戦う姿勢を見せてくれた」と言っても、最初からやってくれなければテストにも何もならない。4点取ってペースダウンしたベネズエラを攻め立てても評価のポイントにはならないよ。

前半の内容は、みんなが好き放題やっている感じだった。中島は何度もハーフウェーラインのところからドリブルをして相手に突かれたり、寄せられたりしてリズムを悪くしているし、両サイドバックは後ろで見てるだけで攻撃に厚みを出せない。鈴木は相手の背後にガンガン走ろうとするけど、味方のサポートはないし、キルギス戦に出た選手は明らかにコンディションが悪くて、使い物になってない……。

今回の相手もU-22のコロンビアと同じで、かなりレベルの高い相手だったよ。きっちりと全力でプレスを掛けてきたし、奪ったら素早くサポートに入って日本よりも局面では数的優位を作り出していた。日本はボールを取られて鬼回しで翻弄されて、ゴール前ではフィジカルで圧倒されて次々と点を決められた。

2点目、3点目が入ったとき、正直それでも遅いけど、誰かがそこでカミナリを落とすべきだった。でも、そんな選手はいなかったし、日本はハーフタイムまで何も変わらずに4失点を食らってしまった。
森保監督の采配も何をやっていたのか、まったく感じなかったし、リズムを失ってから選手はずっと迷いながらプレーしているようだった。後半に入って、ようやく前から守備に行く姿勢を見せだしたけど、ハーフタイムに喝を入れられないと変われないものかな。それでもプロなのかって言いたいよ。

森保監督も今回のベネズエラ戦では何をテーマにして臨んだのか、意図が見えなかったね。新戦力を呼んでも使ったのは、古橋ひとりだけ。サバイバルだったら前半のメンバーはみんな不合格だ。結局テストマッチひとつを無駄にした感は否めない内容だったよ。
U-22のコロンビア戦に続き、ベネズエラ戦も酷い内容で負けたことで、普通は強豪国の監督だったら、進退問題に発展する局面だ。主力級の海外組がチームを離れたとしても、代表チームにおいて、それは言い訳にはならないよ。

南米の実力国を相手に2連敗。まあ、アジア2次予選を楽勝ムードで戦っているなか、今回は良い薬になったことだろうね。
ただ一方で、このまま森保監督にふたつの監督を任せてもいいのか、という危惧もある。この2試合での采配を見る限り、選手よりも指揮官の方がお疲れのようだ。U-22とA代表でシステムをコロコロと変えてやっているけど、いい効果を生んでいないし、前述したように新戦力もしっかり活用しないうえに内容の乏しい敗戦だから、全然モチベーションにもチーム内の活性化にもつながらない。

第一、ふたつのチームとも、まともに練習を見れなかったようだし、こういう無理なスケジュールで結果を出すのは、誰が監督でも難しいだろう。ただ結局、結果を出せなくて最後に責任を取らされるのは監督だけ。トルシエやハリルのようなアクの強い外国人監督だったら、烈火のごとく怒って自分の要求を押し通すだろうけど、日本人の監督にそこまでのメンタルの強さを求めるのは酷だろうね。

【PHOTO】日本 1-4ベネズエラ |森保ジャパン、前半だけで4失点…後半に一矢報いるも惨敗

【古橋亨梧 PHOTO】デビュー戦で躍動!後半から途中出場し、攻撃を活性化

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本vs香港 試合後の森保一監督会見要旨
相馬勇紀、キレキレ突破でチャンス量産も得点やアシストなく「世界の選手と僕の今の差」【E-1サッカー選手権】
FW小川航基、代表デビュー戦3発も冷静「何かがガラッと変わるわけじゃない」
『にちようチャップリン』グランドチャンピオン大会、敗者復活はGパンパンダ 内村光良が大会を総括「キャラクターが豊富」
「韓国との違いを見せつけた」 日本のゴールラッシュを母国紙が警戒「破壊力を誇示」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加