最新ランキングをチェックしよう
裁判例に見るマタハラの違法性について

裁判例に見るマタハラの違法性について

  • 政治山
  • 更新日:2017/09/17

はじめに
報道によりますと、沖縄労働局では今年1月からの半年間でマタハラに関する相談が24件あり、そのうち16件が非正規雇用者だったとされております。マタハラについては今なお職場での認知度が低く、妊娠を理由に様々な不利益を受けている労働者が多いと言われております。今回はマタハラに関する法規制とその裁判例を見ていきます。

マタハラとは
マタハラ(マタニティー・ハラスメント)とは、妊娠や出産、子育て

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
二大政党制にこだわるよりも......“古いスマホで新しいアプリ”使う私たち
加計学園認可で立憲民主党・長妻昭代表代行「政府は全ての情報公開を」と要求
我慢の限界!公約違反の政治家を“債務不履行”で訴えられるか? --- 吉岡 慶太
「朝日新聞、死ね」の足立康史氏が放った続けざまの問題発言
「捏造」と断じた足立康史氏に朝日新聞が社説で猛烈にかみつくも、ネット上では足立擁護あふれる  質問の見返りに献金受ければ、収賄の可能性も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加