オリックス吉田正は3100万円で契約を更改 腰手術を終え「年間通して活躍」

オリックス吉田正は3100万円で契約を更改 腰手術を終え「年間通して活躍」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/06
No image

契約更改交渉を終えて会見で笑顔を見せるオリックス・吉田正

オリックスの吉田正尚外野手(24)が6日、大阪市内の球団施設で契約更改交渉を行い、1000万増の3100万円でサインした。(金額は推定)

2年目の今季もケガに泣いた。オープン戦終盤の腰痛で出遅れて1軍昇格は7月。64試合で打率・311、2年連続2桁本塁打となる12本塁打、38打点で、打撃3部門は全て1年目を上回ったが、シーズンを通しての活躍はできなかった。

「来年は年間を通して活躍して、最低でも規定打席に立ちたい。そうじゃないとタイトル争いもできない」と3年目に向けた意気込みを語った。

11月には悩まされてきた腰にメスを入れることを決断。腰椎椎間板ヘルニア摘出術を受けて、現在はリハビリに励んでいる。

「この2年間は思い描いていたものと違っている。今年も開幕から離脱してしまって、僕としても辛かった。最終的にこの2年間の下積みがよかったと思えるようにしたいし、そのために腰を手術した。向上心を持っていきたい」。

来年1月には2016年にチームメートだった糸井(阪神)と合同自主トレを行う予定。来季こそ真価を発揮する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「打率.162」でOK!? ヤクルト・大松尚逸が見せた数字以上の働き
巨人『菅野組』、ハワイ自主トレ出発「他の子の人生を預かっている」
【MLB】大谷の心強い味方 エンゼルス名手3人の“美技動画”に「シーズンが待ち遠しい」
独立リーグに移籍が決まった戦力外組
清宮の「21」に思いを寄せて――「日本・ロベルト・クレメンテ賞」の思い出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加