男性に「この子、痛いな...」と思われてしまう女子の特徴

男性に「この子、痛いな...」と思われてしまう女子の特徴

  • nosh.media
  • 更新日:2017/10/13

「この子、なんか痛いな……」と思われてしまうと、男性は引いてしまいますし、恋愛対象としては見てくれなくなります。

普段のちょっとした行動で、男性から敬遠されてしまうこともあるので、どういう行動が“痛い”と思われるのかは知っておいた方がいいでしょう。

No image

出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、「この子、痛いな……」と思われてしまう女子の特徴を紹介します。

■「自撮り」を毎日投稿する

SNSに毎日のように自撮り写真を投稿している女性は、“自分大好き女”という印象を持たれてしまいやすいです。

自己顕示欲も相当強そうに見えるので、男性があまり深く関わりたくないと感じる女性でもあるでしょう。

しかも、まるで芸能人やモデル気取りかのようにポーズを決めた写真や、加工しまくってもはや別人のようになっている顔写真を載せまくっていたら、まさに“痛い女”そのもの。

それでは男性からは敬遠されてしまうでしょう。

■「若づくり」をしすぎている

いつまでも若々しい女性は、とても素敵ですし魅力的でもあります。でも、若々しいのと若づくりをしているのとでは、根本的に全く違います。

年相応の格好や振る舞いが出来ていない女性は、男性からも決して魅力的には見えないでしょう。

20代や30代になっても、10代のファッションを身にまとっていたり、露出の多すぎる格好やフリフリがたくさん付いているような服を着ていたら、やはり痛々しくは感じるもの。

精神年齢が低いようにも見えてしまうので、男性はあまり相手にもしてくれないかも。

■「悲劇のヒロイン」を気取る

自分の不幸アピールばかりをしたり、「悪いのは私だよね……」とすぐに悲観的になったりするような女性。こういった“悲劇のヒロイン”を気取る行動が多い女性は、男性からすると最も面倒な女性でもあります。

「かわいそうだと思われたい」という気持ちが前面に出すぎているので、逆にかわいそうだとは思えなくなります。

“かまってちゃん度”が高い女性にしか見えないので、男性は「恋人には絶対にしたくない」と感じてしまうはずですよ。

■「過激な下ネタ」を言う

下ネタを毛嫌いする女性は面倒ですが、下ネタにオープンすぎる女性も男性からはドン引きされてしまいます。

生々しすぎる過激な下ネタをバンバン発するような女性を、恋人にしたいと考える男性はまずいないですよ。

お酒の席などで話を盛り上げようとして下ネタを言ったりすることもあるかもしれませんが、いきすぎてしまうのはNG。

男性からは、痛いと思われて避けられてしまうか、遊び相手として狙われてしまうかのどちらかになってしまいますよ。

“痛い女性”は、男性が絶対に彼女にしたくないと感じる女性でもあります。

なので、気になる男性には“痛い”と思われてしまうことのないように、行動にも注意が必要でしょう。

【画像】

※  Svitlana Sokolova/shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「セックスがしたい」と女性が思う瞬間とかわいく伝える方法7つ
バックで男は超興奮ッ!メロメロにさせる「後背位のやり方」とは?
私って...もしかして!? 一発でわかる「ドMな女」度チェック10
彼女巨乳な男は恋愛勝ち組?エッチでのあるあるエピソード10選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加