IOC、ボート会場代替開催地に韓国も検討

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/18

東京都による2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場の見直し問題で、国際オリンピック委員会(IOC)が現計画の海の森水上競技場が建設されない場合には、代替開催地として韓国を検討していると、国内の大会関係者が18日、明らかにした。

関係者によると、IOCは海の森水上競技場の整備費が高額であることから、過去にも韓国案を選択肢として示しており、再度持ち出す可能性があるという。

IOCのバッハ会長は18日午前に来日し「大会組織委員会や都知事と建設的な会談を持ち、最終的に20年大会は素晴らしいものになるだろう」と笑顔で話した。ボートなどの韓国開催の可能性については「うわさについてのコメントはしない」と答えた。午後2時から、都の小池百合子知事と会談する。IOC副会長で、大会準備を監督する調整委員会のコーツ委員長や日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長も同席する。

関係者によると、IOC側が想定するのは、13年世界選手権や14年仁川アジア大会で使われた韓国中部、忠州のボート場で、国際規格の2千メートルコース8レーンを備える。

IOCは14年12月に承認した中長期改革「五輪アジェンダ2020」で、コスト削減などの観点から例外的に五輪の一部競技を国外で実施することを容認している。

都は開催費などを検証するために設置した調査チームの提言を受け、宮城県登米市の長沼ボート場への変更を検討しており、15日には小池知事が現地を視察した。ただ、遠隔地であることなどから、競技団体や大会組織委員会は反発を強めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
<サッカー>中国クラブの熱視線は韓国人から日本人へ、日本代表主力3選手が中国移籍の可能性も―中国メディア
サッカー史上「もっとも姑息なPK」がコレだ!!
活躍していない本田圭佑を、ミランが急にアゲ始める! その理由とは?
本田ミランの売却、3月3日になると発表
シャルケ内田のELメンバー入りが正式発表...1年9カ月ぶりの試合復帰へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加