ナダルが快勝でディミトロフとの準々決勝へ、上海マスターズ

ナダルが快勝でディミトロフとの準々決勝へ、上海マスターズ

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/10/13
No image

男子テニス、上海マスターズ、シングルス3回戦。勝利を喜ぶラファエル・ナダル(2017年10月12日撮影)。

【AFP=時事】男子テニス、上海マスターズは12日、シングルス3回戦が行われ、大会第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)が6-3、6-1でイタリアのファビオ・フォニーニを一蹴し、順当に8強入りを果たした。

これまで一度も優勝経験のない数少ない大会に臨んでいる世界ランク1位のナダルは、この日わずか1時間ほどで決着をつけ、準々決勝では第6シードの強敵グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦することになった。

今年の全米オープンテニスを含め四大大会(グランドスラム)通算16勝を誇るナダルは、「とても満足いくプレーだった。ミスの数は分からないが、かなり少ないと思う。ディミトロフ戦は厳しいものになるから、全力を尽くす必要はあるが、今はとても調子が良い」とコメントした。

前週行われた中国オープンの準決勝でディミトロフを下し、今季6個目のタイトルを手にするなど再び全盛期を迎えているナダルは、上海でも優勝候補筆頭の実力を発揮している。

一方、英ロンドンで行われる今季最終戦のATPワールドツアー・ファイナル出場を目指しているディミトロフは、6-3、7-6(7-3)で第10シードのサム・クエリー(米国)を退け、2週連続でナダルに臨むことになった。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
桃田賢斗が手応え「4大会連続優勝は自信になった」
ファイナルズ 出場枠残り4つ
錦織15位に後退 世界ランク
王者ナダルを、再びナンバー1に押し上げた驚くべき数値とは。
清水悠太ら 本戦ドロー発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加