最新ランキングをチェックしよう
梅毒は「ドイツではフランス病」「フランスではイタリア病」「オランダでは...」歴史的に「他国の国の病気」とヨーロッパ各国が名前を付けていた

梅毒は「ドイツではフランス病」「フランスではイタリア病」「オランダでは...」歴史的に「他国の国の病気」とヨーロッパ各国が名前を付けていた

  • らばQ
  • 更新日:2019/05/21

梅毒は性病のひとつとして知られていますが、その歴史は古く、近年も感染者数が増加傾向にあるとのことです。面白いのはその名前で、梅毒“Syphilis”と呼ばれる以前は、ヨーロッパ各国で呼び名が違いました。それぞれが他国の名前を付けていたのです。 TIL Syphilis had many historical names. In Germany it was The French Disease.・

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
やはり逸材! テレ東・田中瞳、「ナマ食レポ」の胸“チラっと見せ”に男たち騒然
大野智は嵐の稼ぎ頭!わずか24時間で「18億円」も稼いでいた
マツコが「うまい」「うまいよ」と食いついたサラダ用ふりかけ、SNSも興味津々!
電車内で熱唱する男に対して、周りの乗客が「いやそこは歌えよ!」となった瞬間
“中居正広引退”の噂で甦るSMAP解散騒動の悪夢 「香取慎吾の時と同じ」の声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加