最新ランキングをチェックしよう
梅毒は「ドイツではフランス病」「フランスではイタリア病」「オランダでは...」歴史的に「他国の国の病気」とヨーロッパ各国が名前を付けていた

梅毒は「ドイツではフランス病」「フランスではイタリア病」「オランダでは...」歴史的に「他国の国の病気」とヨーロッパ各国が名前を付けていた

  • らばQ
  • 更新日:2019/05/21

梅毒は性病のひとつとして知られていますが、その歴史は古く、近年も感染者数が増加傾向にあるとのことです。面白いのはその名前で、梅毒“Syphilis”と呼ばれる以前は、ヨーロッパ各国で呼び名が違いました。それぞれが他国の名前を付けていたのです。 TIL Syphilis had many historical names. In Germany it was The French Disease.・

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コスト競争時代に突入した「宇宙ロケットビジネス」のこれから
シベリアで巨大な犬の首が発掘される。3万年前のもの
北米に大被害もたらしたスーパー爆弾低気圧を解明 立正大、九州大、名古屋大、海洋研究開発機構の共同研究で
太陽光発電、ソーラーパネル効果の重要な欠陥が40年の研究を経て明らかに(英研究)
外縁天体と衛星、衝突で形成か=太陽系の初期に-東工大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加