ハリルJ現状のベストメンバーは? 11月の欧州遠征に向けた「各ポジションの勢力図」

ハリルJ現状のベストメンバーは? 11月の欧州遠征に向けた「各ポジションの勢力図」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/10/12
No image

2017年招集選手を対象に、10月2連戦の結果も踏まえて本大会同様の23人選出を想定

日本代表は10日の国際親善試合ハイチ戦を3-3の引き分けで終え、6日のニュージーランド戦と合わせた「10月シリーズ」2連戦を終えた。これまでの主力クラスを多く起用したニュージーランド戦(2-1)と、出場機会の少なかった選手にチャンスを与えたハイチ戦に分かれたが、バヒド・ハリルホジッチ監督はハイチ戦後、低調な試合ぶりに「チャンスを与えたら、もうちょっと違ったものを見せてほしかった。そこが失望しているところだ」と、怒りの収まらない様子を見せた。

そうしたなかで日本代表は、来月に欧州遠征を実施。11月10日にフランスのリールでブラジル代表と、14日にベルギー代表(会場未定)というロシア・ワールドカップ(W杯)出場を決めている強豪国との2連戦を行う。テスト色の強かった10月シリーズを踏まえ、本番を想定した強豪相手の強化試合にハリル監督はどのようなメンバーを選ぶのか。

ここでは現状のベスト布陣で臨むであろう「11月欧州遠征メンバー」を予想。便宜上、招集メンバーを本大会と同じ「23人」となることを前提にし、8つに分類したポジション名横にカッコ書きでそれぞれの「予想人数枠」を明記。対象選手は「2017年に招集経験のあるメンバー」で、序列評価は以下の4段階に分けている。

◎=メンバー入り濃厚

○=当落線上

▲=10月招集外も選出の可能性

△=現状ではメンバー入り困難

◇    ◇    ◇

■GK(3枠)

◎ 川島永嗣(メス)

◎ 中村航輔(柏)

〇 東口順昭(G大阪)

▲ 西川周作(浦和)

△ 林 彰洋(FC東京)

川島がハリル監督の信頼をつかんでいる上に、東口は出場したハイチ戦で3失点と厳しい印象を残してしまった。ハリル監督は10月シリーズのメンバー発表会見で「西川も最近、調子は上がってきている」と話し、一時の不振から脱しつつあると評価しているだけに、11月に入れ替えが起こる可能性はある。西川が戻る場合の年齢構成を踏まえれば、同世代の東口との入れ替えで中村を残す可能性が高いのではないだろうか。

SBは不動の3人、4枠使わず他に回す可能性も

■センターバック(4枠)

◎ 吉田麻也(サウサンプトン)

◎ 昌子 源(鹿島)

◎ 槙野智章(浦和)

〇 植田直通(鹿島)

▲ 三浦弦太(G大阪)

△ 森重真人(FC東京)

吉田のパートナーを昌子と槙野が争っている構図だが、両者は少なくともメンバーには入るだろう。10月シリーズで出場のなかった植田と、ハリル監督がポテンシャルを高く評価している三浦が最後の1枠を巡ると予想されるが、サイドバックとの関連で槙野を“併用”すると考えれば、5人全員の招集もあり得る。長期離脱中の森重を除くと今年に入ってから招集されているのはこの5人のみで、強豪2連戦にいきなり新戦力を抜擢するかというと大いに疑問が残る。

■サイドバック(4枠)

◎ 酒井宏樹(マルセイユ)

◎ 長友佑都(インテル)

◎ 酒井高徳(ハンブルガーSV)

△ 車屋紳太郎(川崎)

△ 宇賀神友弥(浦和)

海外組の3選手は不動の存在で、残りの1枠の扱いがどうなるか。槙野をサイドバックの枠に入れることが少なからずあり、長友と酒井高が両サイドでのプレーが可能という状況を考えれば、4枠を使わずに他のポジションに回す可能性も十分にある。国内組のサイドバックには、厳しいポジションだと言えそうだ。

■守備的MF/インサイドハーフ(3枠)

◎ 山口 蛍(C大阪)

〇 井手口陽介(G大阪)

▲ 長谷部誠(フランクフルト)

▲ 今野泰幸(G大阪)

△ 遠藤 航(浦和)

△ 髙萩洋次郎(FC東京)

△ 加藤恒平(ベロエ・スタラ・ザゴラ)

長谷部は膝の状態次第だが、この先のリーグ戦でプレーできていれば当然のようにメンバーに戻るだろう。山口もレギュラー格となり、残る1枠は井手口がリードか。ハリル監督がたびたび言及する今野は、相手が強豪国という状況だけにメンバーに入れておく選択肢はあり得そうだ。

状態次第では清武復帰? 右ウイングは激戦

■トップ下/インサイドハーフ(3枠)

◎ 香川真司(ドルトムント)

○ 小林祐希(ヘーレンフェーン)

〇 倉田 秋(G大阪)

▲ 清武弘嗣(C大阪)

△ 柴崎 岳(ヘタフェ)

欧州遠征ということもあり、香川は最有力の存在。中盤全体で「6人」といった様相のあるなかで、10月シリーズで2試合とも出場した小林と倉田は、守備的MF枠からの選出人数の影響を受ける可能性がある。また、清武が6月末の負傷から復帰しているため、パフォーマンス次第では招集される可能性は十分に考えられる。また、柴崎が負傷離脱中で復帰が難しいなか、ベルギーリーグで今季絶好調の森岡亮太(ワースラント・ベベレン)は、ハリル監督の「合宿に呼んで見てみたい」という定番のコメントが聞ける対象となるかもしれない。

■左ウイング(2枠)

◎ 原口元気(ヘルタ)

◎ 乾 貴士(エイバル)

△ 宇佐美貴史(アウクスブルク)

原口と乾の両者で、基本的には埋まっているポジションと言えるだろう。ニュージーランド戦では武藤がこのポジションで起用されたが、基本的にはセンターフォワードで競争し、左での起用はオプションと考えられる。就任以来ハリル監督が目をかけ続けてきた宇佐美は、現状では評価に差が開いてしまった感がある。万全な状態なら、南野拓実(ザルツブルク)というサプライズも考えられたが、負傷中とあって難しい。

■右ウイング(2枠)

〇 久保裕也(ヘント)

〇 浅野拓磨(シュツットガルト)

▲ 本田圭佑(パチューカ)

厳密に2枠なら、本田を含めた3人による激戦区と言えそうだ。しかし、サイドバックなど他ポジションの人数次第では、3人全員が呼ばれて枠が増える可能性が最も高いポジションとも言えそうだ。強豪国との対戦だけに、本田の経験や存在がチームに与える影響力を重視するならば、ここで招集されるのも現実的な話だろう。

別格の大迫を追う海外組2人、J勢は苦しいか

■センターフォワード(2枠)

◎ 大迫勇也(ケルン)

〇 武藤嘉紀(マインツ)

▲ 岡崎慎司(レスター)

△ 杉本健勇(C大阪)

△ 小林 悠(川崎)

大迫が別格の存在感を見せているだけに、残り1枠を争うポジションと言えそうだ。今回招集の武藤とベテラン岡崎が争うのが基本線になり、国内組には厳しい印象が残る。FW全体で7人を呼ぶということになった場合は、他ポジションの選手との争いになり3人が呼ばれるかもしれないが、その場合も海外組3人が名を連ねる可能性が高そうだ。

◇    ◇    ◇

11月は欧州組にとってはシーズンがスタートし数カ月が経過した段階だが、国内組はタイトル争いのかかった佳境を迎える時期となる。リーグ戦が終了後の国際Aマッチデーではない12月に、E-1サッカー選手権があることを踏まえると、国内組を呼ぶ比重はそちらに偏るだろう。

ハイチ戦でのパフォーマンスと低評価に加え、ハリル監督が「現在、世界のトップ2と言ってもいい」と表現する列強との連戦だけに、海外組を中心とした既存の主力メンバーによって構成されることになりそうだ。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
久保建英「いつか見返す」東京五輪へ飛び級目指す
Little Glee Monster「第96回全国高校サッカー選手権大会」応援歌に抜擢<全メンバーコメント>
浦和「爆買い」オスカル&フッキ完封した組織的守備
ビートたけし「都知事になって五輪返還もありかな」
高校サッカーの新鋭が強豪校を連続完封。U-16大会をデータで解析
  • このエントリーをはてなブックマークに追加