砂川市5人死傷事故初公判 起訴内容を否認

砂川市5人死傷事故初公判 起訴内容を否認

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/18
No image

去年6月、北海道砂川市の交差点で一家5人が死傷した事故の裁判員裁判が17日、札幌地裁で始まった。危険運転致死傷罪の共謀について、男2人は起訴内容を否認した。

検察によると、危険運転致死傷罪などに問われている谷越隆司被告(28)と古味竜一被告(27)は去年6月、共謀の上、砂川市の国道で衝突事故とひき逃げ事件を起こし、軽ワゴン車に乗っていた永桶弘一さん一家5人を死傷させたとされている。

17日の裁判にスーツ姿で現れた両被告は、危険運転致死傷罪の共謀について「自分は共謀もしていないし、ことさら信号無視をしたわけではない」「そういうことは全くない」と起訴内容を否認した。

2人の共謀の有無が最大の争点となるこの裁判。判決は来月10日に言い渡される予定。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
最後の「フィクサー」児玉誉士夫とは何者だったのか
溺死の少年「帰ってこなければ迎えに来て」
非公開の東京メトロ「10番目の路線」へ 「シークレットツアー」に潜入
台湾初の「慰安婦記念館」 台北市にオープン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加